働き方 外資系企業

新卒で外資に入ってはいけない、最大の理由。




一昨日、こんなツイートをしました。




ぶっちゃけ、夜に酔っぱらって適当につぶやいた割には(笑)、

まあまあの反響でした。




私のツイートを見ていただいている方なら、既にご存知かと思いますが、

安斎 響市は、意識の高い「外資系エリート」では、ありません。


その辺にいる、悪魔コスプレしたクマに過ぎません。



なので、あまり真に受けずに、

一つの意見として、適当に聞いていただきたいのですが、






私は、個人的に、


新卒の就職活動で、

沢山の優秀な大学生の皆さんが、




「外資系に就職する」のを、全くオススメ出来ません。









外資は、「新卒が輝ける場所」ではありません。




今日は、そんな話を、少ししたいと思います。




新卒で外資に入ってはいけない、最大の理由。



「新卒で外資」をオススメ出来ない理由は、いくつかありますが、


そのうち、一番大きいのは、


一言で言うと、

外資は人を育てる場所ではない


からです。






私は、

社員数が数万人の日系大手企業 2社を経験し、

その後、500人規模の日系中小企業に短期間勤めた後、



社員50人以下の外資系メーカーからヘッドハンティングされ、そこで数年働き、

その後、


未経験でIT業界に飛び込み、

今は社員1,000人を超える外資系IT企業で、働いています。







私が経験した外資 2社とも、

また、

業界で付き合いのある外資系企業のほとんどについて、

言えるのが、




外資は人を育てる場所ではない」ということです。







外資系企業の仕組み




そもそも、外資系企業の年収が高い最大の理由は、

他の会社から、優秀な人材を「金」で引き抜いているから、です。





年功序列で給与が固定される日系企業には、
とても払えないような高年収を餌にして、

日系企業から、優秀な人材を引き抜いているからです。







「人を育てる」ことに一切のコストをかけずに、

既に他社で育った人材を「金で買う」から、給料が高いのです。










実際、私の知る限り、

外資系企業で活躍する社員のほとんどは、



日系大手企業で活躍してきた、優秀な人材です。







私が今いる外資系IT企業で、周りにいる人たちは、


ヤフー出身、

ソニー出身、

富士通出身、

リクルート出身、

総合商社出身、

日系コンサル出身、


みたいな人が、ほとんどです。







この会社で、スキルを磨いて、成長した人などいません。



採用された時点で、優秀だった人たちです。





外資で「新卒」が活躍することの難しさ




大きな会社なので、

新卒入社の社員もいますが、



新卒でこの会社に入って活躍している人は、

1%以下です。









というか、

そもそも、新卒で外資に入って、数年後も同じ会社にいる人が、1% 以下です。










理由は、単純。




外資は、「人材を使い捨てる」場所だから。







外資には、5年以上、10年以上、

同じ会社にいる人
というのが、そもそも、ほとんどいません。








私は、今の会社に入ったとき、

人事部との条件面談の最後に、


この会社はワークライフバランスが良いので、お子さんが小さいうちの数年間働くには、とても良いと思いますよ?


と、美人な採用担当の女性社員に、飛びっきりの笑顔で言われました。





ちょっと、怖いな。

と思ったのを覚えています。







会社側は、社員を雇う前から、

その社員が3年、5年、10年と働くことなんて、


最初から 期待していないのです。








2~3年も持てば、それでいい、

1年で辞めても、それはそれで仕方がない。







外資系とは、

初めから、そういう世界です。








もちろん、「外資」にも様々な会社があるので、

例外はあります


外資系なのに、多くの新卒入社の社員が10年も20年も働いているような会社は、規模が大きすぎる、外資日本法人としての歴史が長すぎる、などの理由で、

そもそも中身は「日系老舗企業」とほぼ同じになってしまっています。


外資系大手の中のほんの一部ではありますが、こういう企業も確かに存在します。

こういう一部の「例外」の話を取り上げてもあまり意味が無いので、この記事では、このような「日系化」してしまった外資の話は除外します。





外資で「成長できなかった」新卒がどうなるか




そして、

怖いと思ったのが、

この「人材を育てず、使い捨てる気満々」という原則は、

「新卒の新入社員」にも適用される、


ということです。







外資に新卒で入って、活躍する人材はゼロではありません。

1%以下ですが、確かに存在します。





ただ、その人たちは、何も教えられなくても、

自分一人で、周りから色々なことを吸収して、勝手に育って、勝手に実績を挙げる、

超優秀な人に限られます。






逆に、そうでない人は、

大学を卒業した後、会社に入ったものの、誰も何も教えてくれない、




研修を受けても、そもそも、そこで使われている用語が分からない、

マニュアルも無い、

引継ぎもない、




何も教えなくても、

「出来るのが当たり前」だと思われている、




自分を採用した上司が退職していなくなってしまう、

先輩も辞めてしまって、どんどん人が入れ替わる、



自分は何も出来ないまま、時間だけが過ぎていく、




気が付いたら、自分の評価は低く、

2年もすると「退職勧告」の対象に入れられてしまっている。







そして、新卒で入った新入社員の9割以上は、

実績を挙げることもなく、

成長を実感することもなく、

1~2年で会社を去っていく。。。




こんな状況は、私がいる会社では、特に珍しくもありません。








実は、日系企業のほうが「成長できる」




これは、私の個人的な意見ですが、


「外資やベンチャーに入った方が、圧倒的に成長できる」みたいな話は、

ほとんど嘘です。






外資に「圧倒的成長」の機会は、ありません。

99%の人たちにとっては。




外資のほうが、入社1年目でも裁量があって、

自由に働けるので、急速に成長していく、



と言う人もいますが、



それは、99% の人には、当てはまりません。









それは、

ゴールドマンサックスや、マイクロソフトみたいなトップ企業の、


最優秀のトップ層に限った話です。









外資では、「教育」をしないので、

日本トップレベルのずば抜けて優秀な人たちは良いですが、





99% の人は、落ちこぼれます。







周りがほぼ全員中途採用で、他の会社で優れた実績を積んできた人たちが、


既に前の会社、その前の会社で培ったスキルを使って、バリバリ仕事をしている中、




そして、そんな周りのメンバーも、毎月誰かが辞め、毎月誰かが入ってきて、

次々に入れ替わっていく中で、





この前まで大学生だった、新卒新入社員が、


1年目から、その人たちに負けない実績を挙げるのは、




99% 無理ゲーです。







新卒の新入社員にとっての「外資」と「日系大手」


私がいる会社の新卒社員は、


見ている限り、全員が、入社後あまり能力を発揮できず、

自分より後に中途で入ってきた先輩たちのアシスタントのように、

雑用業務をこなすだけの、派遣社員のような扱いをされています。




それでも、「評価」に関しては、容赦はありません。

成績が悪ければ、遠慮なく「退職勧告」の対象となります。






はっきり言って、

日系大手企業に入ったほうが成長の機会は大きいと、

私は個人的に思っています。





日系大手企業では、

毎年入ってくる100人以上の新卒新入社員に対して、数か月~半年以上かけて、



「礼儀とビジネスマナー」
「ビジネスメールの書き方の基礎」
「営業・マーケティングの基本」

みたいな、きめ細かい「新入社員研修」が用意されていて、かつ、周りの先輩に聞けば、何でも丁寧に教えてもらえます。






スピード感の全くない、

人材が余りまくっている「人事部・研修課」が、



非常に丁寧で、網羅的な、各種セミナーと、

豊富な学習プログラム・カリキュラムを提供してくれますし、




どこの部署にも、

同じ部署に15年いる教育係のオバサン、みたいな人がいて、


お局様的な感じで、態度は厳しいかもしれませんが、

分からないことがあれば、

どんな初歩的な質問にも、きちんと答えてくれます。








日系大手企業では、2021年現在でも、


新卒一括採用した社員たちを、今後、終身雇用で40年雇う、

会社の幹部候補として、長期的に育て上げる、


という意思が一応はあるから、


こんなに手厚い対応をしてくれるわけです。






もちろん、無駄なことも沢山ありましたが、

外資で「何も教えてもらえない」よりは、遥かにマシです。







これが外資になると、

分からないことがあって、

先輩に何か聞いても、




一度目のメールは無視、二度目に「○○さんに聞いて」と言われる、

「マニュアル見た?」と言われる(そのマニュアルの場所が分からないのに)、

そもそも、マニュアルの内容が古かったりする、

そのマニュアルを作った人は既に退職済み、

もう一度先輩に聞こうと思っていたら、その先輩が退職してしまう、



みたいなことは、日常茶飯事です。






一部の「超優秀な人」を除いて、
新卒では日系大手に入っておいた方がいい




どんな冷たくて厳しい環境だろうと、

一人で、自分の力だけで何でもできる、別にクビになっても構わない、と言えるような、絶対的な自信がある超優秀な人なら良いのですが、




そうではない、99%の人にとっては、

外資なんかに入るより、


新卒では、黙って日系大手企業に入っておいた方が、

20代の成長機会は大きいと、




私は思います。













別に、

日系大手企業を肯定しているわけでは、

決してありません。






他の記事にも書いている通り、


私は、大企業に長くいる、というキャリアは、

基本的に否定しています。






しかし、

「20代のファーストキャリアでの成長」という観点で見れば、


ほとんどの場合、外資に入るのに比べれば、

日系大手のほうが、よっぽど良い環境が手に入るのではないか

と、個人的に思います。









私自身、

仮にもう一度、大学生に戻って、今から就職活動をするとしても、



迷うことなく、

外資やベンチャーではなく、日系大手に行くと思います。







新卒で外資に入ってはいけない理由、その他①~④






上記が、

「新卒で外資に入ってはいけない」
最大の理由なのですが、


その他にも、実はいくつか理由があります。






最後に、簡単にご紹介しようと思います。





① 外資で働くなら、「日系企業」を深く知っておいた方がいい



外資系企業って、当然ながら、

基本的には、海外ブランドの日本支社・日本現地法人なわけです。




海外の企業が作った製品やサービスを、

日本市場で売る
のが、主な役割です。




つまり、外資系企業のお客さんは、

ほとんどの場合、日本人であり、日系企業です。



日系企業の文化や商習慣を知らずに、

この仕事をするのは非常に困難です。




明らかに、

外資系しか知らない人よりも、


日系企業がどういう仕組みで動いているのか、

きちんと把握している、元日系企業の人のほうが、


圧倒的に成果が出やすい。








私の前職の後輩に、

帰国子女で英語はネイティブレベル、しかも頭の回転も早い、

非常に優秀な女性がいました。





彼女は、新卒で小規模の外資系商社に入り、5年ほど経験を積んだ後、私がいた外資系メーカーに転職してきたのですが、結局、

全く活躍できずに、1年で会社を去りました。




理由は、

日本企業のお客さんとの、商談のマナーや付き合い方、礼儀作法などが、全く理解出来ていなかったため、

営業職として、全く通用しなかったからです。






外資系企業のビジネスは、

日本国内市場におけるビジネスです。




これを忘れてはいけません。





日系企業で経験を積んでから、外資に入った方が、

圧倒的にスムーズに成果を出すことが出来ます。




② 新卒で外資に入っても、給料はそんなに高くない



ぶっちゃけ、外資に入る最大のメリットは、


「給料が高いこと」だと思うのですが。。。






調べてみれば分かりますが、



外資系企業に新卒で入ったときの初任給と、

日系企業の初任給との差は、それほど大きくありません。






もちろん、これはケースバイケースです。


そりゃマッキンゼーとかGoogleに入ったら、その辺の日系大手より給料は高いですよ。



でも、ほとんどの外資系は、初任給はそれほど高くはありません。



高いとしても、

「見なし残業40h」とかで、残業代がつかない分、見た目だけ給料が高くなっている場合が多いです。




この記事に書いてある通り、


外資系の給料が高い理由は、

「日系企業が丁寧に育て上げた人材」を、金で買っているからです。






まだ育っていない人材に、無条件に高年収を払うほど、外資系も甘くはありません。







③ 「外資は学歴は関係ない」は新卒の話ではない



外資なら「学歴に関係なく活躍できる」という話がありますが....



残念ながら、それは、中途採用限定の話です。









新卒採用だと、外資でも、めちゃくちゃ学歴見られます。





むしろ、日系より厳しいです。



東大・京大どころじゃなく、海外の有名大学を出ているような連中が、外資有名企業には沢山受けに来るからです。





「外資は実力勝負」は、

あくまで中途の話です。





実力なんて期待されていない、初めからポテンシャル採用の新卒に「実力勝負」なんてものはありません。






敢えて言えば、


「学歴」だって、

立派な「実力」ですからね。












④ そもそも、ほとんどの外資は新卒採用をしていない




最後に、

これは、非常に重要な話です。





外資系企業の、恐らく9割以上は、

そもそも、新卒採用をしていません。







外資の中でも、

新卒採用を毎年実施しているような会社は、



ある程度、規模が大きく、



財務的にも、人材リソース的にも、余裕のある会社だけです。








そういう会社は、恐らく日本にある外資系企業全体の5%以下、


下手したら、1%以下なのではないかと思います。








「新卒で入れる」外資は、

外資の中の、ほんの一部です。






そして、



日系企業から外資に転職するのは、

とても簡単ですが、




外資系企業から、日系企業への転職は、

ほとんど不可能です。













最初のツイートに、

戻ります。





泣いても、笑っても、

「新卒カード」を使えるのは、一度きり。






わざわざ、それを、


望みの薄い「外資」に使う必要は、ありません。









「外資」は、

5年後でも、10年後でも、
いつでも、挑戦できます。










繰り返しますが、


「新卒で外資に入る」のは、


私は、オススメしません。







日系企業で経験を積んだ後、外資系企業に転職で入りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。







もし・・・

新卒で外資に入って「失敗した」と思って、転職を考えている方がいたら、

下記の記事を参考にしてみてください。






以上は、
私の個人的な意見です。


どう捉えるかは、あなた次第です。







お相手は、安斎響市でした。







よく読まれている記事

1

第一章「オッパブと上司の骨折」はこちら第二章「心の中でタイキック」はこちら第三章「忘却のひよこリスペクト」はこちら第四章「あの夏の日の活動記録」はこちら最終章「転職の向こう側」はこちら祝!! 書籍化! ...

2

こんにちは、安斎響市です。過去2か月くらい、本当に色々なことがありました。日経トレンディの「副業特集・新しいお金の稼ぎ方」で、サラリーマン小説家として取り上げられ・・・ 日経トレンディ 2022年 4 ...

3

転職には、「勇気」が要ります。特に、「はじめての転職」には。誰だってそうです。転職が怖くない人なんて、いない。 転職は、あなたの「人生を変える」力を持っています。 それは、良い方向にも、悪い方向にも。 ...

4

こんにちは、安斎響市です。本日は、外資系企業のお話。 私自身は、日系企業を複数経験してから「外資系」へ移ったというキャリアで、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系 ...

5

こんにちは、安斎響市です。本日は、ベンチャー企業、スタートアップ企業のお話。 私自身は、、基本的に大企業での勤務が長く、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系スター ...

6

こんにちは、安斎響市です。今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。 初めての転職で「失敗」しないために。 初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安や迷いも沢山あると思 ...

7

こんにちは、安斎響市です。今日は「キャリアデザイン」に関するお話です。なんだかよく知らないけれど、「キャリアデザイン」みたいな話が様々な場面で言われるようになって久しいです。何せ、私が大学1~2年生の ...

8

こんにちは、安斎響市です。突然ですけど、最近、「会社辞めたい」人、多すぎませんか??私はいつもマシュマロというツールで、ブログ読者の皆様やTwitterフォロワーの皆様からの質問を募集しているのですが ...

9

こんにちは、安斎響市です。日々、マシュマロやTwitterのDMで、色々な質問をいただくのですが、圧倒的に多いのが「入社1年目ですが、辞めたいです・・・」というものです。私は過去に、20代の早期離職に ...

10

こんにちは、安斎響市です。今日の記事は、就職活動・転職活動における「自己分析」について。最近、note購読マガジンでの発信が多くなってきた私ですが、ブログの記事も、たまには書こうと思います。(笑) み ...

11

こんにちは、安斎響市です。今日は、「仕事の悩み」相談に関するお話です。私はもうずいぶん前から、マシュマロというツールで匿名の質問を募集しておりまして、だいたい1日に1問か、たまに2問くらいは回答してい ...

12

こんにちは。安斎 響市です。 転職にしろ、就職活動にしろ、昇進にしろ、現在、誰もが身に付けるべき、最もコスパの良い最強スキルは、そう、英語です。 これは、間違いない。 英語が出来るだけで、人生の幅がめ ...

13

転職活動で、絶対に失敗したくない、あなた。早く転職して、新しい生活を手に入れたい、あなた。 吉報です。 4回の転職を経て、年収450万→年収1,500万までスカーン!と上げた私が、今日は、「転職の必勝 ...

14

こんにちは、安斎響市です。今日は、大学3年なんだけど、やりたいことが何もなくて、就活にまったく身が入らない・・・転職したいけれど、実はやりたい仕事は特になくて・・・という人のためのお話です。最近は、n ...

15

こんにちは。安斎響市です。 「こんな仕事に…一体何の意味があるんだろう?」 そう思ったことはありませんか?私は、あります。 ほとんどの仕事には、あまり「意味」が無い ぶっちゃけ、私の個人的な意見ですが ...

16

こんにちは、安斎響市です。 今日は、大学生の就活ネタです。 私もちょっとびっくりしたんですが、今どきの就活って、「就活エージェント」なるものを使ってる人が結構な割合でいるんですね。  typ ...

17

こんにちは。安斎響市です。転職は、ひとつの試練です。今までいた環境を捨てて、次のステージへ旅立つとき、様々な障害が、自分の前に立ちはだかります。あらゆることが、「今まで通り」というわけには、いかないか ...

18

在宅勤務、リモートワーク、WFH(ワーク・フロム・ホーム)。色々な呼び方がありますが、皆様、どのような在宅ライフをお過ごしでしょうか? 今日は、外資IT勤務、フルリモートで自宅で仕事をすること半年を超 ...

19

こんにちは。安斎 響市です。 私は、趣味:転職みたいな人間です。はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探して ...

20

こんにちは、安斎響市です。久々に、真面目な記事を書こうと思います。「20代の転職」についてです。 実は以前にも、「新卒1年目の転職が失敗する理由」というタイトルで記事を書いたのですが、 新卒1年目の転 ...

21

こんにちは。安斎響市です。今日は「英語」のお話です。自分にとって「英語」は、本当に人生の「ターニングポイント」だったなぁ・・・と今でも思います。私は現在34歳ですが、2年前に転職した某大手外資IT企業 ...

22

こんにちは。安斎響市です。 今日は、心理学、というか哲学のお話。日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で有名になった、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」、いわゆる「アドラー心理学」の考え方に ...

23

こんにちは、安斎響市です。今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。この悩みの「正体」って何 ...

24

こんにちは、安斎響市です。今日は、ちょっと大事な話をします。 世の中には、お金よりも、時間よりも、「たいせつなもの」がある、 というお話です。 お金より、時間より、たいせつなもの。 何だと思いますか? ...

25

こんにちは、安斎 響市です。昨日、こんなツイートをしました。 就職活動・転職活動で【絶対に】やってはいけないこと・新卒で外資に入社・新卒2年以内に転職・次が決まる前に退職・上司や同僚に相談する・年収が ...

-働き方, 外資系企業

Copyright© 転職デビルは夜しか眠れない。 , 2022 All Rights Reserved.