外資系企業 英語学習

英語喋れないのに外資に行った人が、その後どうなったか。



「英語を勉強したければ外資に行け」と言う人がいます。「仕事しながら英語が学べる」と。


はっきり言います。

それは嘘です。



英語に自信が無いなら、外資には入らないほうがいい。



別に、外資の社員が全員流暢に英語を喋れるわけではないし、英語だけで仕事のパフォーマンスが決まるわけでもありません。


しかしながら、英語を喋れない状態で外資に行くと、悲惨なことになります。

どういうことか、実際の例を挙げて、お話ししましょう。




外資系で、「英語ができない」と、どうなるのか(1)



私が以前いた会社は、外資メーカーで、日本法人は50人程度の規模でした。そのうち英語を喋れないのは、3人だけ。

日本法人の社長は欧州の人だったし、採用面接では、アジア統括本部である香港支社の社員との面接が設定される場合もあり、英語が出来ない人材が採用されるのは、なかなかの狭き門でした。




しかし、業界経験だとか、技術的な知識だとか、英語以外の何らかのスキルを持っていることで、能力を買われて採用された人たちがいました。

それが、前述の「英語が喋れない」、3人です。




この人たちは、

「あなたの職種なら英語を使うことはほとんど無いから」

「入社後に英会話レッスンとか沢山勉強する機会があるから」

と言われて、人事に背中を押されて入社しました。





そして、

結局は思い知るのです。


この会社で、英語なしでは生きてはいけないと。







50人規模の小さな会社だからこそ、アメリカ本社や、香港支社との連携は密接で、日本法人の中で活躍している人たちは、全員英語がめちゃくちゃに上手い。




それどころか、会社の中で英語が出来ないのは、自分を含めて3人だけ。


そして、気が付くのです。

自分にはアメリカ本社とのパイプが無いことに。



これは、外資系では致命的です。

外資は人の入れ替わりが激しいので、自分の上司さえもいつ退社していなくなるか分かりません。自分の採用を決めた上司が、入社した時にはもういない、という話も、ざらにあります。



日本人の上司に気に入られたってダメなんです。人事部長に気に入られてたってダメなんです。


重要なのは、アメリカ本社との太いパイプがあるかどうか。


私が長く一緒に働いていた営業課長は、とても素晴らしい方で、頼りになるオジサンでしたが、英語が出来ないために、いつも上司である営業部長を通してしか、アメリカ本社に評価されることはありませんでした。

本社で一体何人、彼の名前と顔を知っていたのかさえ微妙です。そして、ある日、上司である営業部長が会社を辞めた時、その課長は窮地に立たされるのです。



もう、社内政治には勝てない。




仲の悪いマーケティング課長と対立した時、アメリカ本社を味方につけることが出来ない。

上司の力無しでは、もう本社とのパイプが無い。

そして、本社はいつでも自分をクビにすることが出来る。

結局、この課長は、社内政治に負けて、会社を去りました。



一言でいえば、英語が出来ないからです。




全ての意思決定を握っている、アメリカ本社と、直接コミュニケーションが取れない時点で、どんなに優秀だとしても、評価はされないのです。


外資において、英語が出来ないことは、本当に本当に、致命的です。

下手をしたら、職を失うほどに。








外資系で、「英語ができない」と、どうなるのか(2)



もう一社、別の会社の話をしましょうか。

私が今いる会社は、外資IT大手の有名企業です。

社内の研修資料や手続きなどは全て英語ですが、やはり大きな会社なので、あらゆる職種で英語を毎日喋らないと仕事にならないわけではなく、



営業など、一部の職種の人たちの中には、

英語がそれほど得意ではない人もいます。



彼らの中には、日々の仕事の中ではあまり英語を使わないものの、将来のキャリアアップのために英語を身に付けようと、日々努力している人もいます。




しかし、

結局は思い知るのです。




英語ができる奴らには敵わないと。




当たり前です。



大きくて有名な会社だからこそ、帰国子女で海外の大学を出ている奴、社会人になってから海外の大学でMBAとってる奴、前の会社で海外駐在している奴、海外経験も無いのに英語めちゃくちゃ喋る奴、みたいなのがゴロゴロいます。




英語ができない自分は、かなりの少数派であり、




最初から「英語ができない」前提で採用されている時点で、


アメリカ本社メンバーとの大事な会議の場には決して呼ばれないし、



仮に呼ばれたところで何も出来ないし、

仕事が終わった後、夜にコツコツ勉強したところで、


10年以上前から海外飛び回って英語でバリバリ仕事してる奴らに、

今さら勝てるわけがありません。






自分が多少英語ができるようになったところで、意味はありません。

チャンスなんかありません。自分の100倍英語できる奴が100人以上周りにいる環境においては。








準備が出来ていない状態で、外資に来てはいけない




そう、「自分が活躍できるレベル」の職場で、

経験を積むべきだったのです。





例えば、日系企業では、かなりの大手でも、昭和のオッサンたちが大多数なので、英語が得意な人は、実はそんなに多くはありません。

若い世代で英語を喋る人たちはいても、そもそも新卒の新入社員など20代の社員の総数はどんどん減っているし、しかも優秀な人ほど辞めていくので、実際、英語でまともに仕事ができる人の数は驚くほど少なく、TOEIC 500点程度で海外駐在に出されることも普通にあります。

TOEIC 700点取ったくらいで職場の中では英語が出来るほう、みたいな扱いです。このレベルで、職場の中で「英語できる人」認定されて、英語を使う仕事が回ってくるようになります。

これによって「英語を使う仕事」の経験を徐々に積むことが出来るのです。

そして、上手くいけば、

3年後には外資に行っても通用するレベルになる。




外資では、全員が英語が出来るわけではなくても、TOEICなんて10年前に満点取りました、みたいな人が何十人も何百人もいます。

TOEIC 700点なんて取ったところで、あなたは「英語の仕事は任せられない人」というレッテルを貼られたままです。アメリカの本社と直接話すことがないので、言ってしまえば会社の中では「2軍」、「3軍」扱いです。



入社した時点で「3軍」の人が、

「1軍」に上がることはできません。




これは英語スキルに関わらず、「外資の掟」みたいなものですが、入社時点で、英語でグローバルに働くスキルを持っていない人が、

外資に入ったからと言って、めきめきと力をつけて、2~3年後に英語でバリバリ働いている、という光景が私にはまったく見えません。




だって、中途入社で毎月毎月たくさんの社員が入ってきて、自分よりも上のポジションに就いたりしていて、そのほとんどが既に自分より遥かに流暢に英語を喋り、入社一か月目からいきなり海外出張に行っているのに、英語初心者が、お家でコツコツ勉強してTOEIC 700点とか800点とか、取ったところで、

自分の仕事は、

当然ながら、

ず~~~~っと英語使わない仕事だけですよ。






そんな期待はされていませんからね、初めから。








理解できましたか?



外資系企業は、程度の差こそあれ、日系法人の幹部や、メインメンバーは全員英語をハイレベルで使いこなします。


英語も出来ないのに、その中に裸一貫で飛び込んだところで、何年経っても「3軍」として使いまわされるか、「英語を勉強してもずっと使う機会が来ない」だけです。




本当に、「英語を勉強したいから、まずは環境を変えるために外資に入ろう」なんてのは、やめたほうがいい。

「アメリカに行けば、あっという間に英語が喋れるようになる」みたいなのと同じくらい、信憑性が無い。



突然プールに突き落とされたら、泳げるようになりますか?

たぶん、溺れて、もがいて、窒息死するだけですね。




丁寧に泳ぎ方を習って、反復練習して、身体を鍛えて、少しずつ泳げるようになって初めて、まずは50m、その次に100m、という努力を重ねて2kmや3km泳げるようになるのです。



そして、1年後にはトライアスロンに挑戦できるようになるかもしれない。





でも、泳ぎ方もよく分からない人が、とりあえずトライアスロン大会にエントリーして、とりあえず出てみて、全然ダメだったけど、また大会にエントリーして、いつか、周りのムキムキの人たちに勝てると思いますか?

最初はトライアスロンじゃなくて、市民プールからじゃないですか?





外資を舐めないほうがいい。

何かを身に付けるには、段階があります。



まずは「自分の英語でも通用する環境」で、英語で働く力を鍛えてから、その後、外資に挑戦すればいい。





勝ち目のない戦いには、

参加する意味さえもないのだから。







しっかり英語を身につけて、外資系転職に挑戦したいと思っている方は、是非こちらの記事も読んでみてください。









転職の必勝法については、こちらの記事にも詳しく書いています。


本気で転職したい人は、【必読】です。

「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略




読むか、読まないかは、あなた次第です。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: note3.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: note4.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: note1.png



「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略







それでは、今日はこの辺で。

お相手は、安斎響市でした。











よく読まれている記事

1

第一章「オッパブと上司の骨折」はこちら第二章「心の中でタイキック」はこちら第三章「忘却のひよこリスペクト」はこちら第四章「あの夏の日の活動記録」はこちら最終章「転職の向こう側」はこちら祝!! 書籍化! ...

2

こんにちは、安斎響市です。過去2か月くらい、本当に色々なことがありました。日経トレンディの「副業特集・新しいお金の稼ぎ方」で、サラリーマン小説家として取り上げられ・・・ 日経トレンディ 2022年 4 ...

3

転職には、「勇気」が要ります。特に、「はじめての転職」には。誰だってそうです。転職が怖くない人なんて、いない。 転職は、あなたの「人生を変える」力を持っています。 それは、良い方向にも、悪い方向にも。 ...

4

こんにちは、安斎響市です。本日は、外資系企業のお話。 私自身は、日系企業を複数経験してから「外資系」へ移ったというキャリアで、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系 ...

5

こんにちは、安斎響市です。本日は、ベンチャー企業、スタートアップ企業のお話。 私自身は、、基本的に大企業での勤務が長く、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系スター ...

6

こんにちは、安斎響市です。今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。 初めての転職で「失敗」しないために。 初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安や迷いも沢山あると思 ...

7

こんにちは、安斎響市です。今日は「キャリアデザイン」に関するお話です。なんだかよく知らないけれど、「キャリアデザイン」みたいな話が様々な場面で言われるようになって久しいです。何せ、私が大学1~2年生の ...

8

こんにちは、安斎響市です。突然ですけど、最近、「会社辞めたい」人、多すぎませんか??私はいつもマシュマロというツールで、ブログ読者の皆様やTwitterフォロワーの皆様からの質問を募集しているのですが ...

9

こんにちは、安斎響市です。日々、マシュマロやTwitterのDMで、色々な質問をいただくのですが、圧倒的に多いのが「入社1年目ですが、辞めたいです・・・」というものです。私は過去に、20代の早期離職に ...

10

こんにちは、安斎響市です。今日の記事は、就職活動・転職活動における「自己分析」について。最近、note購読マガジンでの発信が多くなってきた私ですが、ブログの記事も、たまには書こうと思います。(笑) み ...

11

こんにちは、安斎響市です。今日は、「仕事の悩み」相談に関するお話です。私はもうずいぶん前から、マシュマロというツールで匿名の質問を募集しておりまして、だいたい1日に1問か、たまに2問くらいは回答してい ...

12

こんにちは。安斎 響市です。 転職にしろ、就職活動にしろ、昇進にしろ、現在、誰もが身に付けるべき、最もコスパの良い最強スキルは、そう、英語です。 これは、間違いない。 英語が出来るだけで、人生の幅がめ ...

13

転職活動で、絶対に失敗したくない、あなた。早く転職して、新しい生活を手に入れたい、あなた。 吉報です。 4回の転職を経て、年収450万→年収1,500万までスカーン!と上げた私が、今日は、「転職の必勝 ...

14

こんにちは、安斎響市です。今日は、大学3年なんだけど、やりたいことが何もなくて、就活にまったく身が入らない・・・転職したいけれど、実はやりたい仕事は特になくて・・・という人のためのお話です。最近は、n ...

15

こんにちは。安斎響市です。 「こんな仕事に…一体何の意味があるんだろう?」 そう思ったことはありませんか?私は、あります。 ほとんどの仕事には、あまり「意味」が無い ぶっちゃけ、私の個人的な意見ですが ...

16

こんにちは、安斎響市です。 今日は、大学生の就活ネタです。 私もちょっとびっくりしたんですが、今どきの就活って、「就活エージェント」なるものを使ってる人が結構な割合でいるんですね。  typ ...

17

こんにちは。安斎響市です。転職は、ひとつの試練です。今までいた環境を捨てて、次のステージへ旅立つとき、様々な障害が、自分の前に立ちはだかります。あらゆることが、「今まで通り」というわけには、いかないか ...

18

在宅勤務、リモートワーク、WFH(ワーク・フロム・ホーム)。色々な呼び方がありますが、皆様、どのような在宅ライフをお過ごしでしょうか? 今日は、外資IT勤務、フルリモートで自宅で仕事をすること半年を超 ...

19

こんにちは。安斎 響市です。 私は、趣味:転職みたいな人間です。はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探して ...

20

こんにちは、安斎響市です。久々に、真面目な記事を書こうと思います。「20代の転職」についてです。 実は以前にも、「新卒1年目の転職が失敗する理由」というタイトルで記事を書いたのですが、 新卒1年目の転 ...

21

こんにちは。安斎響市です。今日は「英語」のお話です。自分にとって「英語」は、本当に人生の「ターニングポイント」だったなぁ・・・と今でも思います。私は現在34歳ですが、2年前に転職した某大手外資IT企業 ...

22

こんにちは。安斎響市です。 今日は、心理学、というか哲学のお話。日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で有名になった、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」、いわゆる「アドラー心理学」の考え方に ...

23

こんにちは、安斎響市です。今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。この悩みの「正体」って何 ...

24

こんにちは、安斎響市です。今日は、ちょっと大事な話をします。 世の中には、お金よりも、時間よりも、「たいせつなもの」がある、 というお話です。 お金より、時間より、たいせつなもの。 何だと思いますか? ...

25

こんにちは、安斎 響市です。昨日、こんなツイートをしました。 就職活動・転職活動で【絶対に】やってはいけないこと・新卒で外資に入社・新卒2年以内に転職・次が決まる前に退職・上司や同僚に相談する・年収が ...

-外資系企業, 英語学習

Copyright© 転職デビルは夜しか眠れない。 , 2022 All Rights Reserved.