働き方 雑記

あなたの仕事が面白くない、「本当の理由」。



こんにちは、安斎響市です。

今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。



「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。



この悩みの「正体」って何なんだろう?ということについて、今日は私の考えを書いていきたいと思います。




人生において「仕事が面白くない」は致命的



例えばの話、Googleで「仕事」と検索しようとすると、検索ワードとして出てくるのは、

「仕事 辞めたい」「仕事 したくない」「仕事 やる気でない」みたいなネガティブな言葉ばかり。


恐らく、多くの人にとって仕事とは「楽しくないもの」「嫌なもの」なんだろうな、と想像します。




でも・・・

私は、「仕事が面白くない」というのは人生において致命的なことではないかと思います。


ほとんどの人は週5で仕事してるのに、「仕事が面白くない」としたら「週5は面白くない」ということで、土日の為に生きていることになります。

下手したら、仕事のストレスを休日も引きずってしまって、週6、週7、面白くないという人もいるかもしれません。






はっきり言ってしまうと、サラリーマンにとっては、


「仕事が面白いかどうか」

=「人生が面白いかどうか」
です。



だって、仕事を始める朝9時~定時退社したとして夜6時までずっと「面白くない」としたら、1日のほとんど「面白くない」ということですし、

1週間のうち月曜~金曜までずっと「面白くない」と感じていて、土日だけが「面白い」としたら、「人生の7割はつまらない」ということです。




これは、もはや致命的です。



だからこそ、仕事のストレスで精神的に病んでしまう人や、会社のパワハラが理由で自殺してしまう人などが後を絶たないのでしょう。




英エコノミスト誌の最近の記事によると、コロナの影響下で世界的に「自殺者」の数は減っているそうです。

リモートワークで、会社のストレスや人間関係から解放されたのが影響しているのでしょうか・・・




「仕事が面白いかどうか」は「自分の人生が面白いと思えるかどうか」に直結しているのではないかと、私は思います。





本来、「仕事はつまらないもの」??



いやいや、それは当たり前のことだ。

仕事とは本来「つまらないもの」なのだから。と言う人もいます。



世の中には、仕事は「嫌なことを我慢してやっている」から、その対価として給料がもらえるんだ。などと言う人も多いです。

「仕事がつまらないと日々感じている人」にとっては、それが「事実」なのでしょう。

「仕事を面白いと思ったことがない人」にとっては、それが「事実」なのでしょう。



人それぞれ、感じ方・考え方は違うので、別に「正解」は無いと思います。





ただ・・・

私は、仕事は「基本的につまらないもの」という考え方には、賛成できません。



なぜなら、「面白い」「つまらない」というのは個人個人の主観的な感情でしかないので、人それぞれバラバラなはずで、そんなに「仕事」=「つまらない」などと、はっきりと決まっているとは思えないからです。




仕事が面白くないのは、「仕事」のせいではない




分かりやすく言い換えれば、

世の中には「面白い仕事」「つまらない仕事」があるわけではなく、

仕事を「面白いと思える人」「面白いと思えない人」がいるだけではないか?


ということです。




もちろん、「面白い」と思える人が比較的多い仕事、比較的少ない仕事、というある程度の傾向はあるでしょう。


例えば、「ラスベガス出張」「トイレ掃除」だったら、間違いなく前者の方が面白いと感じる人が多いと思います。


ただ、これは極端な例なので、実際には、たとえ同じ仕事の内容であっても

「楽しい、ずっとこの仕事をしていたい」という人もいれば、

「こんな仕事に何の意味があるんだ・・・?早く辞めたい・・・」という人も両方いると思います。



人間には「向き不向き」がありますからね。





仕事が面白いかどうかというのは、ある程度は、「自分自身が、仕事を面白いと思える性格・精神状態かどうか」「自分の適性や好みにあった職場かどうか」ということで、実はかなり「相対的」で、あくまで「比較的」なものなのではないか、と私は思うのです。




私自身、自分の過去の仕事を考えてみると・・・




私の転職回数がクレイジーなのはともかく・・・(笑)、

私は、今まで12年くらいの社会人経験のうち、10年くらいは日々「楽しい」と思って仕事をしています。



特に、過去6年くらい、28歳~34歳にかけて、ず~~~っと仕事は「楽しい」です。




26歳の海外駐在員時代に「意味のない仕事」で悩んだ時と、27歳の初めての転職で狂った会社に入ってしまった時を除けば、

基本的にずっと仕事は「楽しい」と感じています。




もちろん、仕事は仕事なので、何もかも全て楽しい訳ではないし、

仕事のストレスで「・・・ああああああああああ!!!」と叫びたくなる瞬間が無い訳ではないですが・・・

例えば、過去3か月を振り返った時、過去1年を振り返った時に、自分の仕事は「楽しいか」「楽しくないか」で言えば、間違いなく「楽しい」と言い切れるし、「やりがいが有るか」「やりがいが無いか」で言えば「有る」と言い切れます





たぶん、私がこのように仕事を「楽しい」「やりがいが有る」と思えるのは、

半分くらいは私の考え方と性格によるもので、別に仕事自体がそんなに、たまたま10年間ずっと、運よく面白い内容だった、というわけではないと思います。



言ってしまえば、ほとんどは「自分次第」なんです。



仕事が面白くないのは、「自分」のせい




仕事がつまらない理由の一つは、「自分」のせいです。


仕事を楽しめるかどうかは、半分くらいは「自分の性格と考え方」次第だと、私は思います。




なぜなら、別に仕事はエンターテイメントではないから。

ネットフリックスを見ることや、スマホゲームをプレイすることや、ディズニーランドに行くのと同じように仕事が楽しいなんてことは、あり得ません


もし、「私はこの世の何よりも仕事が好きだ」「どんな趣味よりも仕事の方が楽しい」という人がいたら、それはただの社畜だと思います。


例えば、私は仕事が割と好きではありますが、自分の大好きな漫画を読んだり、家族と海外旅行に行ったり、好みのクラフトビールを飲んだりしているのよりも、仕事の方が楽しいか?と言えば、余裕で「No」です。



私だって、好きなことだけしていてお金に困らないなら、たぶん仕事なんてしないと思います。

極端な話、貯金が10億円あったら、今すぐ働くの辞めますね。いくら「仕事が楽しい」と言っても。




仕事が「楽しい」「つまらない」といった感情が、人それぞれバラバラだとは言っても、仕事は元々「人間を楽しませる」ようにできている訳ではないので、それを楽しめるかどうかは基本的に「自分次第」です。



掃除や洗濯が楽しくないのと同じです。

歯磨きが楽しくないのと同じです。




別に楽しいからやるわけではなくて、「やらなければならない」からやっているだけです。



例えば、掃除・洗濯歯磨きだって、ピカピカになった部屋を見て嬉しくなったり、新しい洗剤や、良い香りの柔軟剤を試してみたり、おしゃれな電動歯ブラシを使ってみたり・・・などなど、自分の工夫や考え方次第で、楽しくすることはできます。


「仕事を楽しむ」というのも、似たような感覚な気がします。




「仕事を楽しむ」とか、「仕事を通して成長する」というのは、大部分は自分次第で決まるのだと思います。




自分自身が、自分の仕事に「誇り」「やりがい」、そして待遇などを加味した上での「満足感」を感じるかどうかです。

そして、それを感じるかどうかは、大部分が「自分自身の価値観」に左右されます。




安易に「転職」や「人事異動」を考える前に、本当に、何をどうやっても今の仕事を日々「楽しむ」ことは不可能なのか?

一度、自分自身で考えてみるのも、必要かもしれません。





仕事が面白くないのは、「環境」のせい


以上のように、仕事を楽しいと思えるかどうかは、半分くらいは自分次第だと、私は考えています。


一方で、もう半分は、明らかに会社側の問題という場合もあると思います。

つまり、原因は「自分」ではなく「環境」にある、というケースです。




これは、言ってしまえば、単純に「仕事選び」、「職場選び」の失敗です。



仕事の「やりがい」「楽しさ」とは、

実はある程度は「環境」で決まるものだからです。



例えば、「仕事の内容」それ自体に自分が興味を持てるかどうかだけでなく、

仮に、仕事の内容がそれほど面白くなくても、「周りに優秀な人が沢山いて、学べることが豊富にある」とか、「めちゃくちゃ待遇が良いのでとりあえずの満足感はある」とか、「環境」起因の、仕事への肯定感って確実にあるはずです。



私自身の例を挙げると・・・

現在の外資ITの事業企画という仕事と、前にいた外資メーカーの商品企画という仕事、毎日やっていてどちらが内容的に楽しいか?と言えば、はっきり言って前の会社の時の方が楽しいです。


でも、「前の会社に戻りたいか?」と言えば、答えは完全に「No」です。

前職の外資メーカーよりも、現職の外資ITで、今後もしばらくの間は働いていたいです。



その理由は、簡単に言えば「待遇」と「キャリアの将来性」です。

その他でいえば、「同僚に優秀な人が多い」のも、私が今の職場が好きな理由の一つです。




理解できない人もいるかもしれませんが、

自分の仕事を好きになれるかどうかは、

実は、

仕事の内容だけでは決まらないんです。


様々な環境要因で、現在の職場に対する満足感肯定感が高まれば、自然と「仕事が楽しい」「充実している」と思えるようになります。






何でもかんでも「周りのせい」「環境のせい」にしてはいけませんが・・・

人には「向き不向き」があるのは100%事実ですし、例えば、毎月サービス残業100時間で人間関係も最悪でギスギスした職場だったら、仕事の内容が何かはほとんど関係が無く、そんな職場で「仕事を楽しい」と心から思える人は、この世にほぼ存在しないと思います。



今後、今の職場で我慢して頑張ったとしても、ずっと仕事にやりがいを見出せることは無く、自分の人生を無駄にするだけ、という残酷な可能性もあることは、きちんと把握しておいた方がいいです。






自分が十分に納得した上で就いている仕事なら、まあ良いのですが、もしそれが、

「なんとなく続けているだけ」

「誰かに勧められたからやっているだけ」

「特に大きな『辞める理由』が無いから続けているだけ」

の仕事だとしたら・・・



一度考え直した方がいいのかもしれません。




自分がいるべき「環境」は、

本当にこの場所なのか?ということを。





おわりに:「自分」は変えられるし、「環境」は選べる。



以上、自分の仕事が「面白くない」という感情の「正体」について書きました。




最後にお伝えしたいのは・・・

仕事がつまらないのは「自分のせい」か、もしくは「環境のせい」ですが、

いつだって

「自分」は変えることができるし、

「環境」は選ぶことができる
ということです。





自分を変えるため、環境を選ぶためのヒントは、このブログの中にも幾つかあります。






転職の必勝法については、こちらの記事にも詳しく書いています。


本気で転職したい人は、【必読】です。

「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略




読むか、読まないかは、あなた次第です。



画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: note3.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: note4.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: note1.png




「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略







皆様の、幸せなキャリアと人生を、心から応援しています。


お相手は、安斎響市でした。




よく読まれている記事

1

第一章「オッパブと上司の骨折」はこちら第二章「心の中でタイキック」はこちら第三章「忘却のひよこリスペクト」はこちら第四章「あの夏の日の活動記録」はこちら最終章「転職の向こう側」はこちら祝!! 書籍化! ...

2

こんにちは、安斎響市です。過去2か月くらい、本当に色々なことがありました。日経トレンディの「副業特集・新しいお金の稼ぎ方」で、サラリーマン小説家として取り上げられ・・・ 日経トレンディ 2022年 4 ...

3

転職には、「勇気」が要ります。特に、「はじめての転職」には。誰だってそうです。転職が怖くない人なんて、いない。 転職は、あなたの「人生を変える」力を持っています。 それは、良い方向にも、悪い方向にも。 ...

4

こんにちは、安斎響市です。本日は、外資系企業のお話。 私自身は、日系企業を複数経験してから「外資系」へ移ったというキャリアで、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系 ...

5

こんにちは、安斎響市です。本日は、ベンチャー企業、スタートアップ企業のお話。 私自身は、、基本的に大企業での勤務が長く、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系スター ...

6

こんにちは、安斎響市です。今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。 初めての転職で「失敗」しないために。 初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安や迷いも沢山あると思 ...

7

こんにちは、安斎響市です。今日は「キャリアデザイン」に関するお話です。なんだかよく知らないけれど、「キャリアデザイン」みたいな話が様々な場面で言われるようになって久しいです。何せ、私が大学1~2年生の ...

8

こんにちは、安斎響市です。突然ですけど、最近、「会社辞めたい」人、多すぎませんか??私はいつもマシュマロというツールで、ブログ読者の皆様やTwitterフォロワーの皆様からの質問を募集しているのですが ...

9

こんにちは、安斎響市です。日々、マシュマロやTwitterのDMで、色々な質問をいただくのですが、圧倒的に多いのが「入社1年目ですが、辞めたいです・・・」というものです。私は過去に、20代の早期離職に ...

10

こんにちは、安斎響市です。今日の記事は、就職活動・転職活動における「自己分析」について。最近、note購読マガジンでの発信が多くなってきた私ですが、ブログの記事も、たまには書こうと思います。(笑) み ...

11

こんにちは、安斎響市です。今日は、「仕事の悩み」相談に関するお話です。私はもうずいぶん前から、マシュマロというツールで匿名の質問を募集しておりまして、だいたい1日に1問か、たまに2問くらいは回答してい ...

12

こんにちは。安斎 響市です。 転職にしろ、就職活動にしろ、昇進にしろ、現在、誰もが身に付けるべき、最もコスパの良い最強スキルは、そう、英語です。 これは、間違いない。 英語が出来るだけで、人生の幅がめ ...

13

転職活動で、絶対に失敗したくない、あなた。早く転職して、新しい生活を手に入れたい、あなた。 吉報です。 4回の転職を経て、年収450万→年収1,500万までスカーン!と上げた私が、今日は、「転職の必勝 ...

14

こんにちは、安斎響市です。今日は、大学3年なんだけど、やりたいことが何もなくて、就活にまったく身が入らない・・・転職したいけれど、実はやりたい仕事は特になくて・・・という人のためのお話です。最近は、n ...

15

こんにちは。安斎響市です。 「こんな仕事に…一体何の意味があるんだろう?」 そう思ったことはありませんか?私は、あります。 ほとんどの仕事には、あまり「意味」が無い ぶっちゃけ、私の個人的な意見ですが ...

16

こんにちは、安斎響市です。 今日は、大学生の就活ネタです。 私もちょっとびっくりしたんですが、今どきの就活って、「就活エージェント」なるものを使ってる人が結構な割合でいるんですね。  typ ...

17

こんにちは。安斎響市です。転職は、ひとつの試練です。今までいた環境を捨てて、次のステージへ旅立つとき、様々な障害が、自分の前に立ちはだかります。あらゆることが、「今まで通り」というわけには、いかないか ...

18

在宅勤務、リモートワーク、WFH(ワーク・フロム・ホーム)。色々な呼び方がありますが、皆様、どのような在宅ライフをお過ごしでしょうか? 今日は、外資IT勤務、フルリモートで自宅で仕事をすること半年を超 ...

19

こんにちは。安斎 響市です。 私は、趣味:転職みたいな人間です。はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探して ...

20

こんにちは、安斎響市です。久々に、真面目な記事を書こうと思います。「20代の転職」についてです。 実は以前にも、「新卒1年目の転職が失敗する理由」というタイトルで記事を書いたのですが、 新卒1年目の転 ...

21

こんにちは。安斎響市です。今日は「英語」のお話です。自分にとって「英語」は、本当に人生の「ターニングポイント」だったなぁ・・・と今でも思います。私は現在34歳ですが、2年前に転職した某大手外資IT企業 ...

22

こんにちは。安斎響市です。 今日は、心理学、というか哲学のお話。日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で有名になった、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」、いわゆる「アドラー心理学」の考え方に ...

23

こんにちは、安斎響市です。今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。この悩みの「正体」って何 ...

24

こんにちは、安斎響市です。今日は、ちょっと大事な話をします。 世の中には、お金よりも、時間よりも、「たいせつなもの」がある、 というお話です。 お金より、時間より、たいせつなもの。 何だと思いますか? ...

25

こんにちは、安斎 響市です。昨日、こんなツイートをしました。 就職活動・転職活動で【絶対に】やってはいけないこと・新卒で外資に入社・新卒2年以内に転職・次が決まる前に退職・上司や同僚に相談する・年収が ...

-働き方, 雑記

Copyright© 転職デビルは夜しか眠れない。 , 2022 All Rights Reserved.