転職とキャリア

「転職活動」って何から始めたらいいの?


こんにちは、安斎響市です。

今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。



初めての転職で「失敗」しないために。



初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安迷いも沢山あると思います。

私も、最初の転職の時は正直色々分からな過ぎて、変なミスも沢山してしまったし、結果として、1度目の転職は完全に失敗しました



会社を辞めたくて仕方なくて、片っ端から面接を受けまくった結果、内定をもらえたのは某日系大企業。その会社は、有名企業で世間体は立派だけど、中身はパワハラ・セクハラだらけで若手が辞めまくっている、だから若手の中途採用を積極的にやっていて内定は出やすい、

という完全に「地雷」の、ヤバい会社でした。




その後・・・

私は、もう一度転職して、今度は自分の適性に合った素晴らしい会社に入社することができました。


その会社の仕事もとても楽しかったのですが、1年後には外資系の競合他社からお声がかかり年収+200万円以上アップでの転職を果たしました。


その外資系の会社で3年働いた後、私は、自分が10年以上いた製造業を離れ、IT業界へ転身。年収も一気に上がり1,500万円を超えました。フルリモートで、毎日自宅やカフェでリラックスして働いていますし、残業もゼロ・・・というか私は1日8時間も明らかに働いていないので、非常にホワイトで恵まれた環境だと思います。




このように、

転職によって、
日々の生活はガラッと変わります。



時に、良い方向に。
時に、悪い方向に。





今日は、転職によって、自分の人生を「良い方向」に変えていくために、転職活動を始める前に把握しておくべき、転職の「正しい始め方」について、書いていきたいと思います。



ちなみに、転職活動を始める前の「心構え」などについては、下記の記事に書いています。




今日のお話は「心構え」というより、「具体的に何をすればいいのか」という話です。「転職活動」と言っても、どこから手を付けていいのか、ほとんどの人には分かりませんからね。



転職活動は、いつでも始められるし、いつでもやめられる。


人材業界のキャリアアドバイザーの中には、「まずは自己分析をしろ」「自分の適職が何かを徹底的に考えろ」などと言う人が多いですが、私は正直、転職活動に自己分析なんて要らないのではないかと思っています。



ぶっちゃけ、転職を考えている理由なんて、

「今の仕事、あまり楽しくない。ほかの道は無いのか・・?」

「給料が安すぎるし、休みが少ない。絶対この会社おかしい・・・」


「今の会社にいても、自分のやりたいことができる気がしない・・・」

みたいな感じだと思います。



それでいいんですよ。

みんな、そんなもんです。
人間だもの。





別に転職の「動機」なんて何でもいいし、「転職して実現したいこと」が最初から明確に決まっていなくても構いません。




そもそも・・・

転職すると「なぜ転職したの?」と聞く人は多く、みんな転職には「理由」を求めるのに、

転職していない人に「なぜ今の会社で働いているの?」と聞いても、明確に「理由」を答えられる人はほとんどいません



転職して別の会社に行くことも、今の会社で働き続けることも、等しく「キャリアの選択」であるはずなのに、前者には明確な理由が必要で、後者には理由は要らないの?そんなことある?と私は思うのです。

転職しない人も「今の会社で働く」という選択肢を自分で選んでいるのに過ぎないのですから。




それに、転職活動を始めたからといって、

絶対に「転職しなければならない」わけではありません



内定を獲得して、オファーされた年収や待遇を見た後に、


本当に辞めるかどうかは、最後に決めればいいんです。






「退職届」を提出するその直前までは、何か月、何年転職活動をしていたとしても、「選ぶ権利」は自分にあります

別に、今の仕事が楽しくて待遇も良いのなら、転職はしなくてもいいですが、「転職活動」は一度は経験しておいた方がいいです。



このご時世、いつ自分の会社が傾くかなんて、誰にも分かりません。

転職できる準備はしておいた方がいいですし、


仮に、あなたが今の仕事に特に不満が無いとしても・・・

年収が+300万上がって残業ゼロの仕事が見つかるとしたら、誰だって転職しますよね?




私は実際に、4回の転職で年収が 26歳:450万円32歳:1,500万円以上になりました。

「特に今の会社に大きな不満は無いから」と転職を一切考えなかったら、私の今の年収はせいぜい500万円~600万円程度だったでしょう。




これでも「自分には転職する理由は何もない」と、本当に、本心から言い切れますか?


別に「転職活動」をするのに、始める前の段階で、そんなに大きな「理由」なんて要らないのです。

実際に転職活動の準備をする中で、自分が何を優先すべきかを決めていけばいいのです。もちろん、転職には「軸」は必要ですが、「転職する理由」が無いからといって、選択肢として全く考えもしないのは、さすがに機会を無駄にしています

「転職」には、ある程度のリスクがありますが、

「転職活動」をすること自体はノーリスクですからね。




転職活動の始め方① とりあえず、転職関連本を読む。


さてさて、前置きが長くなりましたが・・・


で?具体的に何をやればいいの?

という疑問に、ここから答えていきます。



まずは・・・
ずばり、本を読むべきだと思います。

当たり前と言えば、当たり前ですが、とりあえず少しは知識を蓄えないと、何もできません。




私のお勧めは、この3冊です。



このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法



成功する転職面接 成否の9割は「準備」の質で決まる



私にも転職って、できますか? 〜はじめての転職活動のときに知りたかった本音の話〜



(この人、自分の著書入れてる・・・!!!笑)




最初のステップとしては、このような書籍で「転職の考え方」の基礎を身につけることが肝要だと思います。


何も調べずに、いきなり転職エージェントに登録する人も多いです(昔の私です)が、

絶対にやめた方がいいです



知識不足で、転職エージェントに会いに行くと、高確率でカモにされます



彼らは「求職者を企業に紹介して高額な報酬を得る」というビジネスでやっているので、あなたの味方になってくれるとは限りません。

いきなり転職エージェントに話を聞くのではなく、転職について事前に色々調べて準備しておいた方がいいです。




転職活動の始め方② 職務経歴書を用意する


次に、大事なのが「職務経歴書」です。

企業の求人に応募する際、ほぼ100%、履歴書とセットで提出を求められるのが「職務経歴書」という書類。


いわば、「自分は今まで、何という会社の、何という部署で、どんな仕事を経験してきたのか」という自己アピールの為の1~2ページの書類です。




とりあえず、

書いてみてください。



フォーマットは適当にネットに落ちてるものでいいと思います。

リクルートのフォーマットなどが一般的で無難です。

職務経歴書の書き方・職種別の書き方見本とフォーマットダウンロード




とりあえず、

書いてみてください。





たぶん、気づくと思います。


「書けない」ということに。






自分の仕事の内容を・・・社外の人に分かりやすく説明するためには、一体どう書いたら・・・


書いてはみたのもの・・・ショボい。。。これじゃ、きっと雇ってもらえない・・


「実績」!?

あれ・・・
私の・・「実績」って。。。

なんだ・・・????


みたいに悩んでしまう人がほとんどです。



ほとんどの人が通る道なので、気にしなくていいと思います。




私も初めて書いた職務経歴書は出来が悪く、ショボ過ぎて、まるでゴミのようでした。





大事なのは、「職務経歴書」は、「バカ正直に自分の経歴をありのままに書く書類」ではないということです。

もちろん、嘘を書いてはいけません。経歴詐称は絶対にNGです。




しかし・・・ほとんどの人には、そんなに立派な経歴や実績など、ありません。



自分の経歴をどうやって「魅力的に見える」ように工夫できるか、

相手企業に「この人を採用したい」と強く思ってもらえるような鮮やかな書き方ができるか、

というのが最大のポイントです。




詳しくは、こちらの記事に書いています。

安斎響市の転職プロジェクト①
運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方






転職活動の始め方③ 転職エージェントに登録する


さあ、①書籍で基礎的な知識を得て、②職務経歴書を書き上げたら、いよいよ転職エージェントに登録です。

転職エージェントは、本当にたくさんあります。

ネットで軽く調べただけで20社くらい平気で出てきますし、「お勧めの転職エージェント①~⑳!!」などと紹介しているウェブサイトも多いです。



しかし・・・
転職エージェントに片っ端から登録するのは、完全に逆効果です。



エージェントに登録するのは、

同時には「2~3社くらい」にしておいた方がいいです



転職エージェントの世界は「早い者勝ち」なので、登録した瞬間、あなたにはエージェントからメールや電話が毎日来るようになり、エージェントは、1日も早く、他社に先を越される前に、あなたの転職を「さっさと片付けよう」としてきます。

これが 2~3社くらいならいいですが・・・エージェント4社、5社と、どんどん登録してしまうと、エージェントとの面談だけでもうお腹いっぱいです。


そもそも、ほとんどの人は仕事を続けながら転職活動をしていると思うので、使える時間は限られています。

エージェント複数社との面談や、エージェントから送られてくる多数のメールに気を取られ、企業1社1社の面接準備にかける時間がどんどん減っていき、結果として面接で落ちまくる、ということが起こります。



転職活動は、
「実力勝負」ではありません。



自分をどう魅せるか、
相手に欲しいと思わせるか、

という「事前準備」が全てです。





準備にかける時間を確保するためにも、登録するエージェントは明確に絞った方がいいです。






というわけで・・・

今日は【タイプ別】お勧めの転職エージェントを 3社だけ ご紹介します。


この辺のエージェントに登録しておけば、まず間違いは無いと思います。


とにかく鉄板!転職したい人は全員登録すべき「リクルートエージェント」


公式サイト【転職支援実績No.1】転職成功するならリクルートエージェント



リクルートエージェントの利点は、
やはり国内最大手としての「圧倒的な非公開求人の保有数です。


業界大手であるdodaエン・ジャパンと比べても、dodaの非公開求人数は約4万件、エン・ジャパンは約1万5,000件

リクルートエージェントは10万件以上です。比較になりません。


実際、私自身も、1回目と2回目の転職、どちらもリクルートエージェント経由で転職しました。

短期間で自分に合う会社を見つけて、確実に転職をしたいのなら、リクルートエージェントだけは、登録必須です。

これは例外はありません。


公式サイト【転職支援実績No.1】転職成功するならリクルートエージェント



20代の転職なら間違いなくNo.1 「ネオキャリア」


公式サイト:正社員の就職・転職サポートなら20代の満足度No.1エージェント | 第二新卒エージェントneo


ネオキャリアの良さは、20代のキャリアの浅い求職者でも、非常に丁寧に面倒を見てくれるところです。


例えばリクルートの場合、先ほど書いた通り、求人数は文句なく素晴らしいですが、エージェントの質はピンキリです。新卒3年目のエージェントとかも平気でいます。

こっちは人生の懸かった転職なので、やはりある程度経験豊富な方にサポートしてもらいたいところ。かと言って、スキルの高いベテランエージェントは、高額報酬の重要案件に回されるので、転職経験のない若い求職者の「はじめての転職」のサポートであれば、リクルート側も、スキルの低い若手を配置してくるのは仕方がありません。


ネオキャリアは、2000年設立と、リクルート(1963年設立)などの大手と比べると、比較的若い会社です。

社長(創業者)も42歳と若く、今や社員数千人で海外拠点も構える大きな会社に急成長していますが、リクルートに比べるとベンチャー企業のようなものです。



リクルートのような大企業ではないからこそ、フットワークが軽く、若くて転職経験のある優秀なエージェントが揃っており、

かつ会社自体が「20代の転職」「第二新卒の転職」等に力を入れているため、自分がまだ20代でビジネス経験がそれほどない状態でも、優先度を上げて、全力で動いてくれることを期待できます。



公式サイト:正社員の就職・転職サポートなら20代の満足度No.1エージェント | 第二新卒エージェントneo





高年収を狙いたいなら「JACリクルートメント」

公式サイト外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職ならJAC Recruitment



外資系転職、日系大手グローバル企業への転職を目指す人は、必ずお世話になると言っても過言ではない転職エージェント、それが JACリクルートメントです。

私も、実際に何度かお世話になっています。


大きな特徴は、1) 年収800万などの「高年収を目指す」ハイクラス求人2) 外資系企業や、グローバル大手企業など「英語を生かして働く海外ビジネス」の求人に特化していることだと思います。

海外に独自のネットワークを持っているため、他のエージェントが保有していない高年収の外資系日系大手企業の非公開求人を紹介してくれることが期待できます。また、JACリクルートメントのアドバイザーは特定の業界を「専任」で担当しているため、企業とのパイプが太く、1社1社細かく、「内定獲得のための有効で具体的なアドバイス」をもらえる可能性が高いです。



実際に、私が20代の頃にJACリクルートメントを利用させていただいた際には、担当のキャリアアドバイザーの方から、「その企業で過去に受かった人がなぜ受かったのか、落ちた人がなぜ落ちたのか」という "超貴重" な情報が分かりやすくまとまった資料を面接の前に送っていただきました。

求職者1人1人の、1社1社の面接対策すべてに、ここまで細かくサポートをしてくれるのか・・・と正直驚いた記憶があります。



実際、オリコン「ハイクラス・ミドルクラス転職」顧客満足度調査でも、2019年~2022年の4年連続「第1位」に輝いています。それだけ、サポートが手厚く、満足度が高い転職エージェントであるということです。


外資系企業やグローバル大手企業に転職して「年収1,000万円以上」を目指したい、「英語を生かした仕事」をしたい、という方は、JACリクルートメントに登録するのは必須だと思います。


公式サイト:外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職ならJAC Recruitment





以上、3つの転職エージェントを紹介させていただきました。

繰り返しになりますが、転職エージェントは一度に何社も登録し過ぎないこと(2~3社程度まで)、お気を付けください。



公式サイト【転職支援実績No.1】転職成功するならリクルートエージェント

公式サイト:正社員の就職・転職サポートなら20代の満足度No.1エージェント | 第二新卒エージェントneo

公式サイト外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職ならJAC Recruitment



おまけ: ぬるま湯が嫌になったら「識学キャリア」


もう1社おまけで、

現在の会社の、あまりにも「ぬるま湯」で「成長できない環境」に嫌気が差していて、将来的には「成果主義」で「自由な環境」で働きたい、という方にオススメする転職エージェントです。



「識学キャリア」は、2021年に20万部以上のベストセラーとなった、「リーダーシップ」を説くビジネス書『リーダーの仮面』著者が代表を務めるベンチャー企業「識学」が運営する、ベンチャー企業特化型転職エージェントです。


公式サイト成果主義の企業のみ紹介する人材エージェント【識学キャリア】



その一番の「売り」は、成果主義の会社のみを紹介するというポイントです。

現在の仕事に全く裁量がなく毎日退屈に感じている方や、上司や上層部の社内承認待ち、社内の調整業務など、本質的ではない仕事にうんざりしている方には、このような成果主義の会社が合っていると思います。


日系企業の年功序列は、もう沢山だ!!という人は、一度相談してみると良いかもしれません。



公式サイト成果主義の企業のみ紹介する人材エージェント【識学キャリア】




さて、色々と紹介してきましたが・・・

転職エージェントは、あなたの味方でも敵でもなく、「取引先」のような存在なので、付き合い方には注意が必要です。



転職エージェントに本気で「転職相談」なんて、絶対にしてはいけません。後悔することになります。

上手く付き合って、エージェントを使いこなしましょう。





転職エージェントの裏側と、「賢い付き合い方」については、こちらの記事に詳しく書いています。

「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略







外資系企業への転職を考えている方は、ぜひ、こちらもご一読ください。

外資系企業への転職に、オススメの転職エージェント③選




【外資系転職】 LinkedIn(リンクトイン)を転職に100%活用する方法





おわりに:転職の「9割」は成功する


以上、転職活動の始め方①~③でした。

いかがでしたでしょうか。少しは「転職活動」に対して前向きな気持ちになれたでしょうか?


2018年にアドバンスフローという会社が実施した、「20代~40代の転職経験者391名(男性186名、女性205名)」に対して行った、転職に関する意識調査の結果によると、


全体の 87.2% は、転職して良かった」と考えており、

「転職に失敗した」という人はほとんどいません。


つまり、転職のおよそ「9割」は成功するんです。


それでも、「その1割の失敗になるのが怖い」と思う人もいるかもしれません。

確かに、確実に成功するとは言えません。


でも、だからといって今の会社に残るのが、本当に自分にとって正解なのか?はきちんと考えた方がいいと思います。


9割成功するのが分かっている状態なのに、たった1割のリスクを恐れて何もしないで我慢したり悩んだりしているのは、既に「失敗している」のと同じなのだから。






それでも・・・
やはり失敗が怖い、自分は転職を確実に成功させたい、という人は、下記の記事を読んでみてください。

きっと役に立ちます。

「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略






読むか、読まないかは、あなた次第です。






「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略






では、今日は、この辺で。

皆様の転職の成功を、心から応援しています。



お相手は、安斎響市でした。






公式サイト【転職支援実績No.1】転職成功するならリクルートエージェント

公式サイト:正社員の就職・転職サポートなら20代の満足度No.1エージェント | 第二新卒エージェントneo

公式サイト外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職ならJAC Recruitment

公式サイト成果主義の企業のみ紹介する人材エージェント【識学キャリア】




よく読まれている記事

1

第一章「オッパブと上司の骨折」はこちら第二章「心の中でタイキック」はこちら第三章「忘却のひよこリスペクト」はこちら第四章「あの夏の日の活動記録」はこちら最終章「転職の向こう側」はこちら祝!! 書籍化! ...

2

こんにちは、安斎響市です。過去2か月くらい、本当に色々なことがありました。日経トレンディの「副業特集・新しいお金の稼ぎ方」で、サラリーマン小説家として取り上げられ・・・ 日経トレンディ 2022年 4 ...

3

転職には、「勇気」が要ります。特に、「はじめての転職」には。誰だってそうです。転職が怖くない人なんて、いない。 転職は、あなたの「人生を変える」力を持っています。 それは、良い方向にも、悪い方向にも。 ...

4

こんにちは、安斎響市です。本日は、外資系企業のお話。 私自身は、日系企業を複数経験してから「外資系」へ移ったというキャリアで、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系 ...

5

こんにちは、安斎響市です。本日は、ベンチャー企業、スタートアップ企業のお話。 私自身は、、基本的に大企業での勤務が長く、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系スター ...

6

こんにちは、安斎響市です。今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。 初めての転職で「失敗」しないために。 初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安や迷いも沢山あると思 ...

7

こんにちは、安斎響市です。今日は「キャリアデザイン」に関するお話です。なんだかよく知らないけれど、「キャリアデザイン」みたいな話が様々な場面で言われるようになって久しいです。何せ、私が大学1~2年生の ...

8

こんにちは、安斎響市です。突然ですけど、最近、「会社辞めたい」人、多すぎませんか??私はいつもマシュマロというツールで、ブログ読者の皆様やTwitterフォロワーの皆様からの質問を募集しているのですが ...

9

こんにちは、安斎響市です。日々、マシュマロやTwitterのDMで、色々な質問をいただくのですが、圧倒的に多いのが「入社1年目ですが、辞めたいです・・・」というものです。私は過去に、20代の早期離職に ...

10

こんにちは、安斎響市です。今日の記事は、就職活動・転職活動における「自己分析」について。最近、note購読マガジンでの発信が多くなってきた私ですが、ブログの記事も、たまには書こうと思います。(笑) み ...

11

こんにちは、安斎響市です。今日は、「仕事の悩み」相談に関するお話です。私はもうずいぶん前から、マシュマロというツールで匿名の質問を募集しておりまして、だいたい1日に1問か、たまに2問くらいは回答してい ...

12

こんにちは。安斎 響市です。 転職にしろ、就職活動にしろ、昇進にしろ、現在、誰もが身に付けるべき、最もコスパの良い最強スキルは、そう、英語です。 これは、間違いない。 英語が出来るだけで、人生の幅がめ ...

13

転職活動で、絶対に失敗したくない、あなた。早く転職して、新しい生活を手に入れたい、あなた。 吉報です。 4回の転職を経て、年収450万→年収1,500万までスカーン!と上げた私が、今日は、「転職の必勝 ...

14

こんにちは、安斎響市です。今日は、大学3年なんだけど、やりたいことが何もなくて、就活にまったく身が入らない・・・転職したいけれど、実はやりたい仕事は特になくて・・・という人のためのお話です。最近は、n ...

15

こんにちは。安斎響市です。 「こんな仕事に…一体何の意味があるんだろう?」 そう思ったことはありませんか?私は、あります。 ほとんどの仕事には、あまり「意味」が無い ぶっちゃけ、私の個人的な意見ですが ...

16

こんにちは、安斎響市です。 今日は、大学生の就活ネタです。 私もちょっとびっくりしたんですが、今どきの就活って、「就活エージェント」なるものを使ってる人が結構な割合でいるんですね。  typ ...

17

こんにちは。安斎響市です。転職は、ひとつの試練です。今までいた環境を捨てて、次のステージへ旅立つとき、様々な障害が、自分の前に立ちはだかります。あらゆることが、「今まで通り」というわけには、いかないか ...

18

在宅勤務、リモートワーク、WFH(ワーク・フロム・ホーム)。色々な呼び方がありますが、皆様、どのような在宅ライフをお過ごしでしょうか? 今日は、外資IT勤務、フルリモートで自宅で仕事をすること半年を超 ...

19

こんにちは。安斎 響市です。 私は、趣味:転職みたいな人間です。はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探して ...

20

こんにちは、安斎響市です。久々に、真面目な記事を書こうと思います。「20代の転職」についてです。 実は以前にも、「新卒1年目の転職が失敗する理由」というタイトルで記事を書いたのですが、 新卒1年目の転 ...

21

こんにちは。安斎響市です。今日は「英語」のお話です。自分にとって「英語」は、本当に人生の「ターニングポイント」だったなぁ・・・と今でも思います。私は現在34歳ですが、2年前に転職した某大手外資IT企業 ...

22

こんにちは。安斎響市です。 今日は、心理学、というか哲学のお話。日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で有名になった、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」、いわゆる「アドラー心理学」の考え方に ...

23

こんにちは、安斎響市です。今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。この悩みの「正体」って何 ...

24

こんにちは、安斎響市です。今日は、ちょっと大事な話をします。 世の中には、お金よりも、時間よりも、「たいせつなもの」がある、 というお話です。 お金より、時間より、たいせつなもの。 何だと思いますか? ...

25

こんにちは、安斎 響市です。昨日、こんなツイートをしました。 就職活動・転職活動で【絶対に】やってはいけないこと・新卒で外資に入社・新卒2年以内に転職・次が決まる前に退職・上司や同僚に相談する・年収が ...

-転職とキャリア

Copyright© 転職デビルは夜しか眠れない。 , 2022 All Rights Reserved.