英語学習

全てのトリリンガルを目指す人たちへ



自慢じゃないが、私はトリリンガルだ。

「トリリンガル」とは?



念のため言っておくが、
「トリリンガル」とは「3ヵ国語を操る能力」のことを言う。

「バイリンガル」が2言語、「トリリンガル」が3言語だ。それ以上だと「マルチリンガル」って呼んだりもする。



私は母国語である日本語の他に、英語と中国語を喋ることが出来る。



「喋る」というのは、「サンキュー」「ニイハオ」「シェイシェイ」みたいな話ではない。

英語を毎日使う仕事を始めて、もう10年以上になる。

10年以上前、20歳の時点でTOEICは950点。その後、海外100か所以上で、ビジネスの実務で英語を使い続けた。今では、会社の記者発表や、雑誌・web記事の取材の際に、日英通訳のプロとして呼ばれるようになった。

中国語についても、学生時代から5年以上、コツコツ地道に勉強を続け、過去には、大手日系企業の上海支社でマネージャーを務め、自分以外全員中国人という部署で数年働いていたこともある。

初対面の中国人と話すと、だいたい「え?あなた中国人ですか?」と聞かれる程度には、中国語を普通に話せる。


こういうことを言うと、自慢のように聞こえてしまうから、本当に気を付けないといけないと思うのだが、

そのくらい、「語学力」に対する日本人のコンプレックスは強く、「3ヵ国語を喋る」というだけで「頭の良いエリート」という扱いをされる。



正直、笑える。

私のようなポンコツ太郎が、「頭の良いエリート」なわけがないのに。

でも、そのくらい「語学力」が持つ、世間一般的なイメージは強い。



「トリリンガル」になって分かったこと



本題に入ろう。




私も、ただ普通に過ごしていて3ヵ国語を喋れるようになったわけではない。


英語にしても、中国語にしても、

合計10年以上にも及ぶ、地道な努力の積み重ねの上に、なんとか今の実力を身に付けている。




決して簡単な道ではない。




私はめちゃくちゃに勉強しまくった。

お金も時間も、相当に投資してきた。

学生時代の数年間は、自分のすべてのエネルギーを「語学習得のため」だけに費やしたと言ってもいい。



そんな私が、
敢えて今日言いたいのは、

「第二外国語は必要ない」
ということである。




これは本当に残酷な話だし、出来れば言いたくないのだけれど・・・



中国語や

韓国語や

スペイン語や

ポルトガル語を、勉強している人たち。

無駄だから、
今すぐやめたほうがいい。






英語以外の言語は、必要ない

英語さえ自由自在に使いこなすことが出来れば、

正直言ってそのほかの言語は、基本的に必要ない。

特に、英語が出来ないのに、中国語やスペイン語を学んでいる人、あなたは数年後、100%後悔することになる。


今すぐ英語を最優先で勉強したほうがいい。



理由は、単純。


世界中で活躍する中国人は、みんな英語を喋るし、

世界中で活躍する韓国人も、みんな英語を喋るし、


世界中で活躍する欧州人やメキシコ人やブラジル人も、


みんな英語を喋る。


英語で事足りるものを、わざわざ現地の言葉で話すのって、何か意味ある?

逆に、アメリカ人と日本人と中国人とインド人が同じプロジェクトチームにいたとして、たまたま自分が中国語喋れるからって中国語で会話なんかされても、アメリカやインドのほかのメンバーが困るよね。

全員の共通言語である「英語」で確認とるのがベストだよね。




そりゃね、
例えば、中華文化を深く深く、真の髄まで理解したいとか、もちろん、上海や北京に長期間住むなら、中国語はあったほうがいいし、

スペインやメキシコに長期間住むなら、スペイン語はあったほうがいいし、ブラジルに長期間住むなら、ポルトガル語はあったほうがいい。

もしそれらの地域に、自分の人生を捧げるつもりがあるのなら、語学を身に付けてもいいだろう。



しかし・・・

ビジネス上の「必要性」があるかというと、それは全く別のお話。

私は、過去10年以上、合計4社のグローバル企業で、海外営業や、国際的なプロジェクト・マネジメントに携わってきた。

しかしながら、自分の特技である「中国語」が武器になったのは、上海に駐在していた時だけで、その他のほとんどの期間、私は基本的にすべての仕事を英語でしていた。



今もそう。


プロジェクトで関わる中国人は沢山いるけど、全員、普通に余裕で英語を喋る。



それどころか、そのうち数人は流暢な日本語を喋るんだから、彼らはすごい。



私は、ビジネスレベルで相当に流暢な中国語を喋れるのだけれど、残念ながら、中国語を話す機会は、今の仕事では基本的に無い。

前の仕事でも無い。

その前の仕事でも無い。






トリリンガルに、戦略的な価値は無い





本当に、中国本土に駐在すること以外、正直言って中国語が必須になる仕事なんて存在しない。

もっと言うと、ほとんどの日系大企業では、中国の駐在員さえ、中国語を喋る必要がない。

優秀な中国人が、みんな日本語や英語を喋るからだ。




あんなに苦労して中国語を身に付けたのに、正直言って、私には、中国語を使う場所がない。





私は、自分と同じように学生時代に中華圏に留学した人を沢山知っているが、10年後もビジネスで中国語を使っているのは、

私の知る限り、40人中、1人か2人くらいだ。

一方で、学生時代に英語圏に留学して英語を身に付け、10年後の今も、ビジネスで英語を使っているのは、

200人中、ほぼ200人全員である。



これには色々な理由があるとは思うけど、

一言で言ってしまえば、「需要の差」だ。



「英語を必要とする仕事」と「中国語を必要とする仕事」との、需要の差だ。



中国語やスペイン語を勉強することに意味がないとは言わない。

言わないけれど・・・




語学を身に付けるのは、並大抵の努力では成し遂げられない。

それにも関わらず、

英語以外の「第二外国語」を身に付けても、投資した分のリターンは無いと思ったほうがいい。







正直言って、中国語なんか学ぶくらいなら、

PythonやSQLみたいなプログラミング言語を学んだほうが、よっぽど建設的だ。




私が仮に今20歳なら、間違いなく中国語ではなくプログラミングに時間を投資すると思う。










ここで、仮に、

いや、でも英語と中国語の両方ペラペラの人なんて、ほとんどいないんだから、
もし、そういう条件の仕事があれば、唯一無二の武器になるのでは?

そんな、甘い考えを持った男がいたとしよう。(例えば安斎という奴だ)



そんな条件の仕事は、無い。



あったとしても超マイナーで、全体の需要が少なすぎるため、中国語に投資しただけのリターンは全く無い。



あんなに苦労して身に付けた割に、



「英語が話せる日本人」の価値と、

「英語と中国語の両方を話せる日本人」の価値は、


転職市場では、
ほとんど差が無いと言っていい。




これには私も結構びっくりした。




私は過去に4回転職している。

合計100以上のポジションに応募していると思う。


でも、私の持っている

「英語と中国語の両方ペラペラ」という希少価値の高いスキルは、

実は「希少」なだけで、ほとんど「需要」が無いことが分かったのだ。






時代は「マルチリンガル」ではない





珍しければいいってもんじゃない。



世界一、カメレオンの種類に詳しい奴。

世界一、けん玉のアクロバティックな技のスキルが高い奴。

世界一、鎌倉幕府のありとあらゆる事情に詳しい奴。

こんな奴らは確かにすごいかもしれないが、こいつらに降ってくる仕事は無い。




中国語やスペイン語話者も、言ってしまえば同じだ。


いくら、同じスキルを持っている奴が少なかったとしても、需要が無ければ何の意味もない。




時代は、マルチリンガルではない。



時代は、


英語 x IT だったり、
英語 x 会計 だったりしている。





残念ながら「中国語が話せる日本人」なんて、

2020年以降の世界では、ほとんど役に立たない。




英語はオワコンではないが、

正直言って、中国語やスペイン語やポルトガル語を学ぶのは、既にオワコンだと言える。







中国語の習得に、膨大な時間を費やした私から、

2020年以降の、「全てのトリリンガルを目指す人たちへ」、間違いなく言えるのは、これだけだ。


今すぐ、勉強をやめなさい。



外国語は、英語だけでいい。







2つ目、3つ目の外国語に安易に手を出さず、「英語」をしっかりと身につければ、それだけで色々な道が見えてくるはず。



【外資系転職】 LinkedIn(リンクトイン)を転職に100%活用する方法



「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略






英語以外の語学を身につける時間とエネルギーがあるなら、その労力は、

英語を徹底的に磨き上げるか、

もしくは、プログラミングや会計資格、MBAなど、別の「キャリアに役立つ」スキルの習得に使った方がいい。





5年後、10年後に、「なぜあんな無駄な時間を・・・」と、

後悔したくないのであれば。












よく読まれている記事

1

第一章「オッパブと上司の骨折」はこちら第二章「心の中でタイキック」はこちら第三章「忘却のひよこリスペクト」はこちら第四章「あの夏の日の活動記録」はこちら最終章「転職の向こう側」はこちら祝!! 書籍化! ...

2

こんにちは、安斎響市です。過去2か月くらい、本当に色々なことがありました。日経トレンディの「副業特集・新しいお金の稼ぎ方」で、サラリーマン小説家として取り上げられ・・・ 日経トレンディ 2022年 4 ...

3

転職には、「勇気」が要ります。特に、「はじめての転職」には。誰だってそうです。転職が怖くない人なんて、いない。 転職は、あなたの「人生を変える」力を持っています。 それは、良い方向にも、悪い方向にも。 ...

4

こんにちは、安斎響市です。本日は、外資系企業のお話。 私自身は、日系企業を複数経験してから「外資系」へ移ったというキャリアで、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系 ...

5

こんにちは、安斎響市です。本日は、ベンチャー企業、スタートアップ企業のお話。 私自身は、、基本的に大企業での勤務が長く、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系スター ...

6

こんにちは、安斎響市です。今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。 初めての転職で「失敗」しないために。 初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安や迷いも沢山あると思 ...

7

こんにちは、安斎響市です。今日は「キャリアデザイン」に関するお話です。なんだかよく知らないけれど、「キャリアデザイン」みたいな話が様々な場面で言われるようになって久しいです。何せ、私が大学1~2年生の ...

8

こんにちは、安斎響市です。突然ですけど、最近、「会社辞めたい」人、多すぎませんか??私はいつもマシュマロというツールで、ブログ読者の皆様やTwitterフォロワーの皆様からの質問を募集しているのですが ...

9

こんにちは、安斎響市です。日々、マシュマロやTwitterのDMで、色々な質問をいただくのですが、圧倒的に多いのが「入社1年目ですが、辞めたいです・・・」というものです。私は過去に、20代の早期離職に ...

10

こんにちは、安斎響市です。今日の記事は、就職活動・転職活動における「自己分析」について。最近、note購読マガジンでの発信が多くなってきた私ですが、ブログの記事も、たまには書こうと思います。(笑) み ...

11

こんにちは、安斎響市です。今日は、「仕事の悩み」相談に関するお話です。私はもうずいぶん前から、マシュマロというツールで匿名の質問を募集しておりまして、だいたい1日に1問か、たまに2問くらいは回答してい ...

12

こんにちは。安斎 響市です。 転職にしろ、就職活動にしろ、昇進にしろ、現在、誰もが身に付けるべき、最もコスパの良い最強スキルは、そう、英語です。 これは、間違いない。 英語が出来るだけで、人生の幅がめ ...

13

転職活動で、絶対に失敗したくない、あなた。早く転職して、新しい生活を手に入れたい、あなた。 吉報です。 4回の転職を経て、年収450万→年収1,500万までスカーン!と上げた私が、今日は、「転職の必勝 ...

14

こんにちは、安斎響市です。今日は、大学3年なんだけど、やりたいことが何もなくて、就活にまったく身が入らない・・・転職したいけれど、実はやりたい仕事は特になくて・・・という人のためのお話です。最近は、n ...

15

こんにちは。安斎響市です。 「こんな仕事に…一体何の意味があるんだろう?」 そう思ったことはありませんか?私は、あります。 ほとんどの仕事には、あまり「意味」が無い ぶっちゃけ、私の個人的な意見ですが ...

16

こんにちは、安斎響市です。 今日は、大学生の就活ネタです。 私もちょっとびっくりしたんですが、今どきの就活って、「就活エージェント」なるものを使ってる人が結構な割合でいるんですね。  typ ...

17

こんにちは。安斎響市です。転職は、ひとつの試練です。今までいた環境を捨てて、次のステージへ旅立つとき、様々な障害が、自分の前に立ちはだかります。あらゆることが、「今まで通り」というわけには、いかないか ...

18

在宅勤務、リモートワーク、WFH(ワーク・フロム・ホーム)。色々な呼び方がありますが、皆様、どのような在宅ライフをお過ごしでしょうか? 今日は、外資IT勤務、フルリモートで自宅で仕事をすること半年を超 ...

19

こんにちは。安斎 響市です。 私は、趣味:転職みたいな人間です。はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探して ...

20

こんにちは、安斎響市です。久々に、真面目な記事を書こうと思います。「20代の転職」についてです。 実は以前にも、「新卒1年目の転職が失敗する理由」というタイトルで記事を書いたのですが、 新卒1年目の転 ...

21

こんにちは。安斎響市です。今日は「英語」のお話です。自分にとって「英語」は、本当に人生の「ターニングポイント」だったなぁ・・・と今でも思います。私は現在34歳ですが、2年前に転職した某大手外資IT企業 ...

22

こんにちは。安斎響市です。 今日は、心理学、というか哲学のお話。日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で有名になった、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」、いわゆる「アドラー心理学」の考え方に ...

23

こんにちは、安斎響市です。今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。この悩みの「正体」って何 ...

24

こんにちは、安斎響市です。今日は、ちょっと大事な話をします。 世の中には、お金よりも、時間よりも、「たいせつなもの」がある、 というお話です。 お金より、時間より、たいせつなもの。 何だと思いますか? ...

25

こんにちは、安斎 響市です。昨日、こんなツイートをしました。 就職活動・転職活動で【絶対に】やってはいけないこと・新卒で外資に入社・新卒2年以内に転職・次が決まる前に退職・上司や同僚に相談する・年収が ...

-英語学習

Copyright© 転職デビルは夜しか眠れない。 , 2022 All Rights Reserved.