転職とキャリア 雑記

入社後の「ギャップ」の話。




先日、こんな質問をいただきました。



面接の場での『嘘』が無くならないのは、なぜなのでしょうか?



うーん・・・確かに、これは「悩ましい」問題です。



面接のときに聞いていた話と、全然違う!


面接での印象は良かったのに、入社してみたら酷い会社だった!




こんな経験をした方は、少なくないと思います。

私も、その一人です。





面接の場での『嘘』が無くならないのは、なぜなのでしょうか?




その答えは、一言で言うと、「嘘ではないから」です。






就職活動・転職活動の面接で、

「聞いていた話と違う」
「エージェントに騙された」


と言う人は、後を絶たないですが・・・




まず、大前提として、


就職・転職において、入社前後の「ギャップ」が無いなんてことは、あり得ません。


「ギャップ」は、必ずあります。


これは、どういうことなのか?


少し説明していきたいと思います。









ちなみに・・・

今日のお話は、あくまで「入社後」のことについて書きますが、それ以前に、就職活動や、転職活動の時点で、できる限り「ギャップ」の少ない会社を見つけて、志望企業の内定を勝ち取る方法は、下記の記事に書いています。

こちらも参考にしてみてください。


大学生向け就活攻略note:【就活】学歴なしでも「大企業」の内定を得るために、今できること



社会人向け 「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略




それでは、本題に入りましょう。




入社後の「ギャップ」が生まれる理由 ①
面接は「営業」の場でしかないから



まず、転職活動の「面接」とは、「自分を良く見せる場」です。



求職者にとっては、自分がいかに「雇う価値のある優秀な能力を持った人材」であるかを見せつける場だし、

企業側にとっては、自社がいかに「優秀な人材が集まる魅力的な職場」であるかを見せつける場です。


当然ですが、聞かれてもいないのに、余計なことは言いません。お互いに。





例えば・・・

求職者からすると、「自分のミスで職場に迷惑をかけてしまった話」など、わざわざ自分から持ち出す必要性はゼロですし、

企業側からすると、「実は直近で社員が次々に不満を持って辞めていること」など、わざわざ伝える必要性はありません。


お見合いと同じようなものです。


マッチングアプリで、「奇跡の一枚」を更に加工しまくった「別人のような写真」を見せられているのと同じです。




それは、もう仕方ありません。求職者は、「自分の実力よりも高い年収をオファー」してもらえれば、それに越したことは無いですし、企業は、「自社の給与水準ではとても雇えない優秀な人材を獲得」できれば、それに越したことは無いのだから。



お互いに、騙しあい、化かしあいです。


もう「転職とは、そういうものだ」と思うしかありません。



別に、それが「おかしい」とか「不公平だ」とか、そういう話ではなくて、もともと「転職とは、そういうものだ」、ということです。


求職者側からすると、入社さえしてしまえば、日本の法律上、そう簡単にクビになることは無いですし、企業側からすると、入社さえさせてしまえば、不満があっても、1-2年の短期間で辞める人はほとんどいません。


そういう「駆け引き」で成り立っているのが、転職です。







求職者側・企業側、お互いに、自分を良く見せようと必死に考えて行動しますし、仮に不安要素があっても折り合いを付けながら、「妥協点」を探して、半分くらい「ギャンブル」のような状態で、なんとか成立するようにバランスを取っているのが、転職活動の「現実」です。


面接の場で、「上司になる人」や「人事」が語るのは、単なるCMだと思った方がいいです。




実際の環境は、働いてみないと分かりません。




入社後の「ギャップ」が生まれる理由 ②
「会社の評価」は人によって違うから




次に大事なのが、


「会社の評価」は、相対的なものでしかない、

ということです。





ある会社が「ホワイト」か、「ブラック」か、なんていうのは、人それぞれの価値観によって左右されます。



仮に、毎月の残業が50時間という会社があったとして、もともと残業100時間の会社から転職してきた人は「ホワイトだ」と思うでしょうし、もともと残業ゼロの会社から転職してきた人は「ブラックだ」と思うでしょう。

新卒でこの会社に入った人なら「これが普通だ」と思うでしょう。




また、仮に「この部署は残業は多いか?」と聞いたところで、面接官が、バリバリ仕事が出来てタスクをあっという間に片付けてしまう人なら「残業はほとんど無い」と言うでしょうし、面接官が、仕事が出来なくて毎日深夜残業しているような人なら「ある程度の残業はある」と言うでしょう。


そして、面接を受けている求職者側からすると、今、目の前にいる面接官が、会社の中でエース級の人なのか、ただのポンコツ窓際族なのか、正確に知る術はありません。




「自分がよく知らない人」の「個人的な評価」など、いくら聞いても、あまり意味はありません。


逆に、不確かな情報に振り回されるだけです。




「会社の評価」も「会社への期待値」も、人それぞれです。サービス残業を「普通だ」と思う人もいれば、「あり得ない」と思う人もいます。上司が部下にタメ口で喋るのを「当然だ」と思う人もいれば、「最低の侮辱だ」と思う人もいます。

それは、もう、人それぞれの価値観です。



入社前に、面接官や社員から得た情報などが、あまり意味を為さないのは、このためです。




同じ理由で、口コミサイトやTwitterも、あまり参考にはなりません。



口コミサイトは、例えば「社内のだいたいの年収の分布を調べる」時などには役立ちますが、社風や、職場の環境を調べるのには、それほど役に立ちません。

部署が変われば、上司が変われば、雰囲気は一変しますし、小さい会社だと2-3年のうちに社風がガラッと変わったりもします。


元社員の話や、口コミは、「参考情報」程度に聞いておいた方がいいです。


口コミサイトに書かれていた内容を根拠にして、自分の転職の決断をするなんて、バカなことをしてはいけません。




入社後の「ギャップ」が生まれる理由 ③
入社前にすべてを知ることなど、
そもそも不可能だから




最後に、そもそもの話なのですが、転職先が、「入社前に思っていた通りの会社だった」なんて言う人は、恐らくこの世に一人もいない、ということです。


会社の雰囲気は、実際に働いてみないと分かりません。ブラックかホワイトかも、外からはそれほど明確には見えません。



たった数時間の面接で、それが全て見えるわけがありません。そんな人、この世にはいません。どんな会社にも、「表」と「裏」がありますし、どんな会社にも、「光」と「闇」があります。




それは、入社前には全ては見えません。



ものすごくフレンドリーな会社かと思ったら、「新入社員は、まずトイレ掃除から」という会社もありますし、ベンチャー気質で自由な会社かと思ったら、「朝8時からラジオ体操と社訓斉唱だ」という会社もあります。


会社の中の「常識」や「暗黙の了解」まで、入社前に全部分かるということは、ほとんど、ありません。


この意味で、原則として、転職の前後の「ギャップ」を完全になくすことなどできない、と言えます。


もう、「そういうものだ」と思うしか、ありません。だから、転職には常に、リスクが付きまとうのです。


仕方ないです。リスクゼロでの転職など、この世には存在しません。どんなに用心深く、事前に会社のことを調べたとしても、「ギャップ」をゼロにすることは、不可能です。

今までいた会社との「カルチャーギャップ」を楽しむ、くらいの精神的余裕が無いと、そもそも転職は難しいのかもしれません。




致命的な「ギャップ」を、
どうしても埋められない時には...



以上、入社後の「ギャップ」の話でした。




転職は、やはり「怖い」です。



転職には、人生を変える力があります。

良い方向にも、
悪い方向にも。



そして、一度転職してしまうと、仮に「ギャップ」があったとしても、しばらくはその会社で働くのが普通です。


この記事で述べた通り、転職には「ギャップ」が付き物で、「100%予想した通りの会社だった」なんてことは、ほとんどあり得ないので、多少の「ギャップ」があったとしても、前向きに、その環境に慣れていくことが必要なのだと思います。



それでも・・・

世の中には、「どうしてもギャップを埋められないとき」もあります。





転職先を間違えて、「こんなはずじゃなかった・・・」「最悪だ・・・前の会社に戻りたい・・・」という人も、実際に沢山います。



私自身、20代で初めての転職で入った「2社目の会社」では、あまりのカルチャーギャップに毎日苦しんだ結果、たった1年で逃げるように会社を辞めたことがあります。


全く後悔はしていません。

辞めて本当に良かったと思っています。







同様に、私の友人や、元同僚の中には、「2カ月で辞めた」「2週間で辞めて元の会社に戻った」という人も実は結構います。


どうしても、本当に本当に「ギャップ」を埋められない時には、別に、すぐ辞めてもいいのです。

自分の人生なんだから。




ただし、「辞めて次に行く」ためには、それ相応の社会人経験と実力は必要ですけどね。




転職のヒントは、この辺に書いています。










大学生向け就活攻略note:【22卒/23卒 就活】学歴なしでも「大企業」の内定を得るために、今できること




社会人向け 「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略






転職には「リスク」が常にあって、転職には「ギャップ」が付き物ですが、みんな、それを乗り越えて転職を成功させています。




そして、ある程度の能力とスキルがあって、「転職活動の方法」を知ってさえいれば、転職は、何度でもできます。




皆様の、幸せな転職を、お祈りしています。


お相手は、安斎 響市でした。




よく読まれている記事

1

第一章「オッパブと上司の骨折」はこちら第二章「心の中でタイキック」はこちら第三章「忘却のひよこリスペクト」はこちら第四章「あの夏の日の活動記録」はこちら最終章「転職の向こう側」はこちら祝!! 書籍化! ...

2

こんにちは、安斎響市です。過去2か月くらい、本当に色々なことがありました。日経トレンディの「副業特集・新しいお金の稼ぎ方」で、サラリーマン小説家として取り上げられ・・・ 日経トレンディ 2022年 4 ...

3

転職には、「勇気」が要ります。特に、「はじめての転職」には。誰だってそうです。転職が怖くない人なんて、いない。 転職は、あなたの「人生を変える」力を持っています。 それは、良い方向にも、悪い方向にも。 ...

4

こんにちは、安斎響市です。本日は、外資系企業のお話。 私自身は、日系企業を複数経験してから「外資系」へ移ったというキャリアで、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系 ...

5

こんにちは、安斎響市です。本日は、ベンチャー企業、スタートアップ企業のお話。 私自身は、、基本的に大企業での勤務が長く、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系スター ...

6

こんにちは、安斎響市です。今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。 初めての転職で「失敗」しないために。 初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安や迷いも沢山あると思 ...

7

こんにちは、安斎響市です。今日は「キャリアデザイン」に関するお話です。なんだかよく知らないけれど、「キャリアデザイン」みたいな話が様々な場面で言われるようになって久しいです。何せ、私が大学1~2年生の ...

8

こんにちは、安斎響市です。突然ですけど、最近、「会社辞めたい」人、多すぎませんか??私はいつもマシュマロというツールで、ブログ読者の皆様やTwitterフォロワーの皆様からの質問を募集しているのですが ...

9

こんにちは、安斎響市です。日々、マシュマロやTwitterのDMで、色々な質問をいただくのですが、圧倒的に多いのが「入社1年目ですが、辞めたいです・・・」というものです。私は過去に、20代の早期離職に ...

10

こんにちは、安斎響市です。今日の記事は、就職活動・転職活動における「自己分析」について。最近、note購読マガジンでの発信が多くなってきた私ですが、ブログの記事も、たまには書こうと思います。(笑) み ...

11

こんにちは、安斎響市です。今日は、「仕事の悩み」相談に関するお話です。私はもうずいぶん前から、マシュマロというツールで匿名の質問を募集しておりまして、だいたい1日に1問か、たまに2問くらいは回答してい ...

12

こんにちは。安斎 響市です。 転職にしろ、就職活動にしろ、昇進にしろ、現在、誰もが身に付けるべき、最もコスパの良い最強スキルは、そう、英語です。 これは、間違いない。 英語が出来るだけで、人生の幅がめ ...

13

転職活動で、絶対に失敗したくない、あなた。早く転職して、新しい生活を手に入れたい、あなた。 吉報です。 4回の転職を経て、年収450万→年収1,500万までスカーン!と上げた私が、今日は、「転職の必勝 ...

14

こんにちは、安斎響市です。今日は、大学3年なんだけど、やりたいことが何もなくて、就活にまったく身が入らない・・・転職したいけれど、実はやりたい仕事は特になくて・・・という人のためのお話です。最近は、n ...

15

こんにちは。安斎響市です。 「こんな仕事に…一体何の意味があるんだろう?」 そう思ったことはありませんか?私は、あります。 ほとんどの仕事には、あまり「意味」が無い ぶっちゃけ、私の個人的な意見ですが ...

16

こんにちは、安斎響市です。 今日は、大学生の就活ネタです。 私もちょっとびっくりしたんですが、今どきの就活って、「就活エージェント」なるものを使ってる人が結構な割合でいるんですね。  typ ...

17

こんにちは。安斎響市です。転職は、ひとつの試練です。今までいた環境を捨てて、次のステージへ旅立つとき、様々な障害が、自分の前に立ちはだかります。あらゆることが、「今まで通り」というわけには、いかないか ...

18

在宅勤務、リモートワーク、WFH(ワーク・フロム・ホーム)。色々な呼び方がありますが、皆様、どのような在宅ライフをお過ごしでしょうか? 今日は、外資IT勤務、フルリモートで自宅で仕事をすること半年を超 ...

19

こんにちは。安斎 響市です。 私は、趣味:転職みたいな人間です。はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探して ...

20

こんにちは、安斎響市です。久々に、真面目な記事を書こうと思います。「20代の転職」についてです。 実は以前にも、「新卒1年目の転職が失敗する理由」というタイトルで記事を書いたのですが、 新卒1年目の転 ...

21

こんにちは。安斎響市です。今日は「英語」のお話です。自分にとって「英語」は、本当に人生の「ターニングポイント」だったなぁ・・・と今でも思います。私は現在34歳ですが、2年前に転職した某大手外資IT企業 ...

22

こんにちは。安斎響市です。 今日は、心理学、というか哲学のお話。日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で有名になった、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」、いわゆる「アドラー心理学」の考え方に ...

23

こんにちは、安斎響市です。今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。この悩みの「正体」って何 ...

24

こんにちは、安斎響市です。今日は、ちょっと大事な話をします。 世の中には、お金よりも、時間よりも、「たいせつなもの」がある、 というお話です。 お金より、時間より、たいせつなもの。 何だと思いますか? ...

25

こんにちは、安斎 響市です。昨日、こんなツイートをしました。 就職活動・転職活動で【絶対に】やってはいけないこと・新卒で外資に入社・新卒2年以内に転職・次が決まる前に退職・上司や同僚に相談する・年収が ...

-転職とキャリア, 雑記

Copyright© 転職デビルは夜しか眠れない。 , 2022 All Rights Reserved.