外資系企業 転職とキャリア 雑記

転職で人生を変えるためにオススメの本:3選



こんにちは。安斎 響市です。




私は、趣味:転職みたいな人間です。

はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探しているし、


そうこうしている間に、4回も転職して、年収が20代の頃と比べて、4倍近くになりそうです。




そんな私も、新卒で入ったのは、ありきたりな日系大手企業だったし、当時の入社同期の8割くらいは、10年経った今もその会社で働いていて、会うたびに違う会社に移っている私を、まるでモンスターを見るかのような目で見ます。





「アイツは頭がおかしい」と。






確かに、おかしいのかもしれない。

私は、周りを一切気にしない。


自分のやりたいことをやる。誰の意見も聞かずに。

そういう考え方が、生き方が、できるおかげで、私は日々の生活であまりストレスを感じないし、



自分に自信があるので、大抵のことは、上手くいきます。



そんな私も、昔は、周りの目を気にしてばかりだったし、自分のキャリアに悩んで、毎日泣きそうになるくらい不安な日々を過ごすこともありました。




前置きが長くなりましたが、今日は、そんな私の背中を押してくれた印象的な本を、

過去の私に、勇気をくれた本を、


何冊か紹介します。







転職で人生を変えるためにオススメの本 ①
北野 唯我 『転職の思考法』

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法





まずは1冊目。


これはスゴイ。スゴイですよ。私がいつか本を出すとしたら、こういう内容を書きたい! と思ってたことが、ほとんどこの本に書いてました。


びっくりしました。うわ。マジか。全部書いてるじゃん。もしかして、私が書いたのかと思いました。(失礼w)



そのくらい、この北野唯我さんという方、素晴らしく鋭い考え方を持っています。私が、転職について常日頃思っていたけど、上手く言語化できていなかったこと、周りにアウトプットできていなかったことを、こんなに分かりやすく、鋭く、前向きに伝えている本って。。。


本当に、この本に出合った時は、衝撃でした。ヤバイです。ヤバい本です。




どのくらいヤバいかというと、たぶん、転職したくなります。




特に、私が印象に残っていたフレーズは、

「マ ーケットバリュ ーがある人間には 、自由が与えられる 。好きなときに会社を辞めることができるし 、好きなところで働くことができる 。だが 、上司だけを見て生きてきた人間に自由はない 。」

「消去法で会社に残っている人間に 、いい仕事はできない 」

北野 唯我 『転職の思考法』 より抜粋

という部分です。


「消去法」で、とにかく無難な道を、「失敗しない」道を選ぼうとすると、「転職」という選択肢には辿り着きません。

強い信念を持って、その会社で、その仕事をしているならともかく、ただ単に「消去法」で、「転職するほどの強い理由が無いから」というだけで今の会社に残っている人は、結局、今の会社でも大きな活躍はできません。


こういう人たちは、もしかしたら、別に「活躍したい」とも思っていないのかもしれない。

でも、本当に、それで良いのでしょうか?



この本は「本当にこのままでいいのか?」と思う全ての人の、背中を押してくれると思います。



このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法







転職で人生を変えるためにオススメの本 ②
日野 瑛太郎『 あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。



続いて、2冊目。

この本は、私が27歳の時、初めての転職を考えて悩んでいた時に出会いました。



タイトルが面白くて、本屋で手に取ったのですが、当時、新卒で入社した大企業の文化に染まりきれずに悩んでいた私には、自分の考え方を見直す、良いきっかけとなりました。




この本は、暗黙のサービス残業、有給休暇が取れない職場、洗脳のような社内研修といった、「社畜」を生み出す環境について、シュールで鋭い視点から考察し、きっぱりと「社畜」を否定しています。



誰でもそうだと思いますが、新卒で入った1社目の会社が、自分にとっての「社会の常識」になってしまいがちです。




もしかして、この会社はおかしいのかもしれない...

と思い始めたら、この本を読んでみると良いかもしれません。



ついでに、この本には沢山の20代~30代サラリーマンの「生の声」が収録されています。

例えば、こんなの。

「ノー残業デーにやむを得ず残業したら、『ノー残業デーなんだから、残業は存在しないはずだ。つまり、お前の残業代は出ない」と言われた。」(30歳 システムエンジニア)

「先輩から取引先との接待係を『ボランティアでやれ』と命じられた。思わず『ボランティア』の意味を調べてしまった。」(28歳 商社)

「未経験者でも大歓迎!」(求人広告) ※経験者はみんな辞めました

日野 瑛太郎『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください』より抜粋



こういう様々な人の意見を眺めながら、自分の会社の状況を見直すだけでも、とても有意義な時間になると思いますよ。

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。







転職で人生を変えるためにオススメの本 ③
岸見 一郎・ 古賀 史健 『嫌われる勇気』


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え




最後、3冊目のオススメは、この本です。


こちらは、私がお勧めするまでもない超有名ロングセラーで、5年以上前から売れ続けている本なので、皆さんもどこかで目にしたことがあるかもしれません。



ズバリ、「嫌われる勇気」。




私は相当な変わり者なので、に勇気なんか出さなくても、周りからは、まあまあ嫌われているのですが(笑)、そりゃ傷つくこともあるし、周りの意見や噂話が気になることもあります。


でも、この本を読んで、それまで以上に、他人の意見を気にしないで、強く生きられるようになりました。





私が特に印象に残ったのは、

確かに嫌われることは苦しい。できれば誰からも嫌われずに生きていたい。承認欲求を満たしたい。でも、すべての人から嫌われないように立ち回る生き方は、不自由きわまりない生き方であり、同時に不可能なことです。

自由を行使したければ、そこにはコストが伴います。そして対人関係における自由のコストとは、他者から嫌われることなのです。


(中略)


あなたのことをよく思わない人がいるのは、あなたが自由に生きている証なのだ、と。

「他者からどう見られているか」ばかりを気にかける生き方こそ、「わたし」にしか関心を持たない自己中心的なライフスタイルなのです。

嫌われる勇気第三夜~第四夜より抜粋


という部分です。



周りから信頼されるために、

周りから評価されるために、

周りから嫌われないために、

周りを動かすために、


自分がどうやって振舞えば上手くいくか、ということを常日頃考えて、それを考えすぎて、忙しくて、いっぱいいっぱいになっていた私に、

この本は、刺さりました。




世の中には、「他人を動かす」という視点の本が多い中、この本は、「他人を動かすことは出来ない」という境地に立って、心の在り方を教えてくれます。


私は普段、あまりこういう自己啓発本は読まないし、ベストセラーに飛びつくタイプでもないのですが、自分が信頼する、前職の人事部長に勧められたのがきっかけで読みました。




本当に、「読んでよかった」と思える本でした。





他人の目を気にして身動きが取れなくなっている方、自分の進むべき道が分からなくなりつつある方に、強くオススメします。


生きる上での「勇気」をもらえます。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え








最後に:転職で人生を変えるためには




以上、3冊の本をご紹介させていただきました。


全て、私が過去に時間をかけて読んで、実際に、人生に影響を受けた本です。


このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法


あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。


嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え






※2021年12月 追記

なんとなんと!!

私自身の書籍が、2022年の1月に発売されることになりました!こちらもぜひ、よろしくお願いいたします!!

私にも転職って、できますか? 〜はじめての転職活動のときに知りたかった本音の話〜







ちなみに・・・

「考え方」や「メンタル」の話ではなく、具体的に「転職で人生を変える方法」については、こちらの記事を読んでください。



きっと、人生が変わります。



「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略








1冊の本との出会い、1つのブログとの出会いが、あなたの人生を変えることもあります。


皆様の、良い本との出会い、そして良い企業・良い環境との出会いを、心から願います。




お相手は、安斎響市でした。






よく読まれている記事

1

第一章「オッパブと上司の骨折」はこちら第二章「心の中でタイキック」はこちら第三章「忘却のひよこリスペクト」はこちら第四章「あの夏の日の活動記録」はこちら最終章「転職の向こう側」はこちら祝!! 書籍化! ...

2

こんにちは、安斎響市です。過去2か月くらい、本当に色々なことがありました。日経トレンディの「副業特集・新しいお金の稼ぎ方」で、サラリーマン小説家として取り上げられ・・・ 日経トレンディ 2022年 4 ...

3

転職には、「勇気」が要ります。特に、「はじめての転職」には。誰だってそうです。転職が怖くない人なんて、いない。 転職は、あなたの「人生を変える」力を持っています。 それは、良い方向にも、悪い方向にも。 ...

4

こんにちは、安斎響市です。本日は、外資系企業のお話。 私自身は、日系企業を複数経験してから「外資系」へ移ったというキャリアで、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系 ...

5

こんにちは、安斎響市です。本日は、ベンチャー企業、スタートアップ企業のお話。 私自身は、、基本的に大企業での勤務が長く、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系スター ...

6

こんにちは、安斎響市です。今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。 初めての転職で「失敗」しないために。 初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安や迷いも沢山あると思 ...

7

こんにちは、安斎響市です。今日は「キャリアデザイン」に関するお話です。なんだかよく知らないけれど、「キャリアデザイン」みたいな話が様々な場面で言われるようになって久しいです。何せ、私が大学1~2年生の ...

8

こんにちは、安斎響市です。突然ですけど、最近、「会社辞めたい」人、多すぎませんか??私はいつもマシュマロというツールで、ブログ読者の皆様やTwitterフォロワーの皆様からの質問を募集しているのですが ...

9

こんにちは、安斎響市です。日々、マシュマロやTwitterのDMで、色々な質問をいただくのですが、圧倒的に多いのが「入社1年目ですが、辞めたいです・・・」というものです。私は過去に、20代の早期離職に ...

10

こんにちは、安斎響市です。今日の記事は、就職活動・転職活動における「自己分析」について。最近、note購読マガジンでの発信が多くなってきた私ですが、ブログの記事も、たまには書こうと思います。(笑) み ...

11

こんにちは、安斎響市です。今日は、「仕事の悩み」相談に関するお話です。私はもうずいぶん前から、マシュマロというツールで匿名の質問を募集しておりまして、だいたい1日に1問か、たまに2問くらいは回答してい ...

12

こんにちは。安斎 響市です。 転職にしろ、就職活動にしろ、昇進にしろ、現在、誰もが身に付けるべき、最もコスパの良い最強スキルは、そう、英語です。 これは、間違いない。 英語が出来るだけで、人生の幅がめ ...

13

転職活動で、絶対に失敗したくない、あなた。早く転職して、新しい生活を手に入れたい、あなた。 吉報です。 4回の転職を経て、年収450万→年収1,500万までスカーン!と上げた私が、今日は、「転職の必勝 ...

14

こんにちは、安斎響市です。今日は、大学3年なんだけど、やりたいことが何もなくて、就活にまったく身が入らない・・・転職したいけれど、実はやりたい仕事は特になくて・・・という人のためのお話です。最近は、n ...

15

こんにちは。安斎響市です。 「こんな仕事に…一体何の意味があるんだろう?」 そう思ったことはありませんか?私は、あります。 ほとんどの仕事には、あまり「意味」が無い ぶっちゃけ、私の個人的な意見ですが ...

16

こんにちは、安斎響市です。 今日は、大学生の就活ネタです。 私もちょっとびっくりしたんですが、今どきの就活って、「就活エージェント」なるものを使ってる人が結構な割合でいるんですね。  typ ...

17

こんにちは。安斎響市です。転職は、ひとつの試練です。今までいた環境を捨てて、次のステージへ旅立つとき、様々な障害が、自分の前に立ちはだかります。あらゆることが、「今まで通り」というわけには、いかないか ...

18

在宅勤務、リモートワーク、WFH(ワーク・フロム・ホーム)。色々な呼び方がありますが、皆様、どのような在宅ライフをお過ごしでしょうか? 今日は、外資IT勤務、フルリモートで自宅で仕事をすること半年を超 ...

19

こんにちは。安斎 響市です。 私は、趣味:転職みたいな人間です。はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探して ...

20

こんにちは、安斎響市です。久々に、真面目な記事を書こうと思います。「20代の転職」についてです。 実は以前にも、「新卒1年目の転職が失敗する理由」というタイトルで記事を書いたのですが、 新卒1年目の転 ...

21

こんにちは。安斎響市です。今日は「英語」のお話です。自分にとって「英語」は、本当に人生の「ターニングポイント」だったなぁ・・・と今でも思います。私は現在34歳ですが、2年前に転職した某大手外資IT企業 ...

22

こんにちは。安斎響市です。 今日は、心理学、というか哲学のお話。日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で有名になった、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」、いわゆる「アドラー心理学」の考え方に ...

23

こんにちは、安斎響市です。今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。この悩みの「正体」って何 ...

24

こんにちは、安斎響市です。今日は、ちょっと大事な話をします。 世の中には、お金よりも、時間よりも、「たいせつなもの」がある、 というお話です。 お金より、時間より、たいせつなもの。 何だと思いますか? ...

25

こんにちは、安斎 響市です。昨日、こんなツイートをしました。 就職活動・転職活動で【絶対に】やってはいけないこと・新卒で外資に入社・新卒2年以内に転職・次が決まる前に退職・上司や同僚に相談する・年収が ...

-外資系企業, 転職とキャリア, 雑記

Copyright© 転職デビルは夜しか眠れない。 , 2022 All Rights Reserved.