働き方

福利厚生の「正体」。



こんにちは。安斎 響市です。



就職活動や転職活動の際には、

よく、
「福利厚生が大事だ」
「年収だけでなく、福利厚生を見ないと」
「大企業は、福利厚生が良いから安心だ」

などと言いますよね。




この「福利厚生」って、

そもそも何なのでしょうか?



今日は、そんなお話です。





「福利厚生」は、人件費の調整弁。



結論から言います。

福利厚生は
「調整弁」です。




何を調整するものかというと、
「人件費」などのコストす。



社員を雇用し続けるために
長期的に発生するコストを、

会社側が、ある程度自由にコントロールするために
存在するのが「福利厚生」です。




そんなアホな、と思ったあなた。

確かに、突飛な話に思えるかもしれない。




「福利厚生」という言葉を辞書で引くと、
下記のように記載があります。

企業が、労働力の確保・定着、勤労意欲・能率の向上などの効果を期待して、従業員とその家族に対して提供する各種の施策・制度。主として従業員の生活の向上を支援する目的で実施されるもので、法律で義務づけられた法定福利(社会保険料の事業主負担など)と、企業が任意で実施する法定外福利(交通費・社宅・健康診断・育児支援・保養施設など)がある。

出典:デジタル大辞泉(小学館)


一般的に「福利厚生が良い」と言うとき差すのは、
「法定外福利」のほうだと思います。


よく求人概要に「雇用保険・健康保険完備」などと書いてる会社がありますけど、正社員に対して社会保険料を会社が負担するのは、法律で定められた義務ですからね。


上に書いているように、
労働力の確保・定着、勤労意欲・能率の向上などの効果を期待しているのであれば、

「保険に入れます」と言われても、そんなの当たり前すぎて、定着や意欲向上にはつながらないと思います。



一般的に、私たちサラリーマンが、
「おお!素晴らしい!」と感じる福利厚生と言えば・・・

① 住宅手当・家賃補助
② 家族手当・子ども手当などの各種手当
③ グループ会社団体保険などの団体割引
④ 社員旅行や社員向け保養所施設

⑤ 退職金や社員向け持ち株制度など
⑥ カフェテリアプラン等の割引制度



こんなところだと思います。


このほか、「交通費」を福利厚生と呼ぶ企業もありますが、はっきり言って、通勤交通費が全額出るのは当たり前ですし、

むしろ、今の時代、交通費よりリモートワーク可などのほうが遥かに魅力的だと言えるでしょう。



そして、上記の①~⑥、
実は、ほとんどは、

会社側都合のコスト調整でしかなく、

労働者側にとっては、

あまり意味がありません。



どういうことなのか。

ひとつずつ、説明しましょうか。







① 住宅手当・家賃補助


まず、

「住宅手当:月xx万円」
「借上げ社宅として家賃補助:xx万円/月まで」


といった住宅費用に対する手当です。


これは、一見、
非常~~~~に魅力的に見えます。


が、

ぶっちゃけ、無意味です。




なぜ、会社は、
従業員に「家賃手当」などという形で

お金を渡していると思いますか?



一言でいえば、

「会社の経営上の節税のため」と、

「支給対象社員を絞ってコストを下げるため」です。




まず、


単純に給料として月6万円を社員に払うよりも、
家賃12万円の借り上げ社宅に社員を住ませて、その家賃の5割=6万円を会社が毎月負担する、という方法のほうが、

会社が支払う社会保険料などが節約できます。


会社にとって得だからやっているのです。
必ずしも、社員の為ではありません。


ぶっちゃけ、家賃補助が月6万円出るより、
給料を手取りで月6万円上げてくれた方が、社員にとっては良いに決まってますよね?

その6万円増えた分を家賃に充てるのか、ほかの何かに使うのかを自分で自由に決められる方が、いいですよね?




「うちの会社は借上げ社宅制度があるから素晴らしい」と言ってる人、

本当にそうなのか、よく考えたほうがいいです。





そして、残念ながら、
2020年現在、どんな大手有名企業でも、

無条件に社員全員住宅手当が出る、

という会社は、ほぼ存在しません。





まあ当たり前ですね。


福利厚生の目的が労働力の確保・定着、勤労意欲・能率の向上などの効果なら、社員全員の給料を上げた方がよっぽど効果は高いはずです。

それが出来ないから、単純に給料を上げるのではなく、わざわざ「手当」という形にしているのです。




私がかつて勤めていた大手有名企業では、

「借上げ社宅の家賃補助」が使えるのは、

20代の独身の間のみ最長5年まで
会社都合で転勤した際の最長5年まで


などと条件が決められていました。


過去には、結婚した際に住める「厚生社宅制度」もありましたが、コスト削減のために、既に廃止されてしまいました。




就活や、転職活動をしている際に、福利厚生欄に「住宅手当」と書いていたとしても、

実際には、恩恵を受けられるのは、

20代の数年間のみ
もしくは、
特定の条件を満たした場合のみです。




社員全員ではなく、条件を満たした一部の社員にだけ、
「給与」ではなく「手当」として払えば、

「福利厚生が良い」というお得感を演出しつつ、

全員の給料を上げなくていいのでコストは削減できますからね。




私も20代の頃はそれでも有難いと思ってましたが・・・

今思うと、そもそもの給料が低かったので、完全に会社の思惑通りに「この会社は良い会社だ」と錯覚していただけだったな、

と思います。






実はそれ以前に、大前提として、

「転勤時に家賃補助する」って、

自分で「自分が住む場所」さえ選べずに、奴隷のように会社に人生を捧げている代わりに、

お金貰ってるだけですからね。





② 家族手当・子ども手当などの各種手当


これも、①の家賃補助とほぼ同じです。



繰り返しになりますが、

会社が、
なぜこんな制度を用意しているかというと、

「会社の経営上の節税のため」と、

「支給対象社員を絞ってコストを下げるため」です。


管理会計上、
「給与」ではなく「福利厚生費」に計上することが出来れば、会社側の負担が減りますからね。




私は、過去に勤めた中小企業で、

「子供手当」が、月2,500円 だったことがあります。


犬か!!

うちの犬だって
月2,500円じゃ全然暮らしていけねえぞ。

馬鹿にしてんのか!!

と思いましたね。マジで。




その他、大手有名企業でも、

○○手当:5,000円/月
○○手当:8,000円/月


など、細かく手当てがありましたが、



全て、「全員支給」ではなく「支給対象を絞ってコストを下げる」のと、

「項目によっては、税金などが有利になる」というのが理由です。




すべて、会社側の都合です。

社員の為ではありません。




③ グループ会社団体保険などの団体割引


続いて、生命保険医療保険などの、
大企業のグループ社員向けの団体割引制度。



敢えて言えば、
「福利厚生」として本当に意味があるのは、

このような保険などの「団体割引」くらいだと、私は思います。



これは単純に、
社員が何万人もいる大企業だからこそ出来る、

「団体加入」に対する割引なので、会社の規模が大きければ大きいほど有利です。



これも、ぶっちゃけ給料が良ければその方が嬉しいのですが、会社側の都合というより、保険会社に大人数で加入していることによる純粋な恩恵で、

個人で加入するのに比べて、圧倒的に条件も良いため、実は私も、これは魅力的な福利厚生だと思っています。




ただ・・・

実は、この「団体保険」、
社員だけでなく「元社員」でも加入できます。


私自身も、6年前に辞めた大企業のグループ保険に、条件が良いので現在も加入し続けています。




この事実は、大企業の、ほとんどの現役社員は知りません。

うちの会社は給料はそれほど高くはないけれど、団体保険などの福利厚生がいいから・・・」と言っている先輩がいますが、


その保険、転職して給料上げた後でも、普通に入れます。






確かに、団体保険には「大企業の福利厚生」という恩恵はありますが、

それを理由に「この会社は素晴らしいから、転職しないでずっとここで働こう」と思う必要は全くありません。



団体保険の割引はキープしつつ、

シンプルに給料上げた方が、
幸せになれる
と思います。






④ 社員旅行や社員向け保養所施設



これは、もう説明しません。


社員みんなで行く「社員旅行」とか、
社員だけが使える「保養所」を、

素晴らしい福利厚生だ!!と言って、
有難がっている人は、

もう、正気じゃないです。




完全に「大企業」に染まっています。

「社畜」です。




正直言って、
アホ過ぎて説明するまでも無いので、

ここでは割愛します。





⑤ 退職金や社員向け持ち株制度など



次に、「退職金」「持ち株会」などの

給与・賞与以外の金銭的待遇の話です。




「退職金」は、その会社に60歳、65歳、70歳など定年まで勤めることを100%信じて疑わないのであれば、良い制度だと思います。




私が過去にいた日系大企業では、

「転職」などで退職する場合、

入社一年目からコツコツ積み立てた退職金は半分消える、定年まで働かない限り全額はもらえない

という仕組みでした。



どこの会社も似たようなものだと思います。


退職金の制度は、
当然ながら「終身雇用」「定年退職」を前提にしています。



ぶっちゃけ、私のような転職して年収大幅に上げた人からすると・・・

退職金を満額貰うために安い給料で我慢して何十年働くって・・・なんか本末転倒じゃないの??と思ってしまいます。




完全に、「退職金」制度自体が、「転職」を想定していない、時代遅れの設計です。






実は、外資に転職すると、多くの会社では、「企業型DC」という仕組みがあります。



今話題のiDeCo「個人型」の確定拠出年金ですが、

「企業型DC」は、その名の通り「企業型」の確定拠出年金で、日系企業のように「転職すると半分に減ってしまう」などのリスクが無い状態で、会社がコストを支払って、「退職金」のように60歳で受け取れる資産形成が出来ます。





今後、60歳以降まで今の会社で働くことが「確定」しているなら、日系企業の退職金でもよいのですが、

「転職」という選択肢を持っておきたいのなら、日系企業はさっさと卒業して、「企業型DC」のある会社に転職した方が、

後々、困ることが無いと思います。






また、社員向け「持ち株制度」に関しても、

昭和の頃の、日本企業の株価が上がり続けている状況なら、非常に魅力的な制度だったと思います。



過去形です。



いくら「お得」に株を変えたところで、自社の株価が上がらないなら、あまり意味はありません。

そして、ご存知の通り、
日本企業は過去30年以上、成長していません。



2020年には、「日経平均株価が30年ぶりの高値」と話題になりましたが、
裏を返せば、30年前の株価を一瞬超えただけです。



制限が色々と多く、手続きが面倒な上に、長期的に成長の期待も出来ない大企業の「持ち株」なんかにお金を出すより、

自分で株式投資をするか、ベンチャー企業や外資系企業でストックオプションRSUを貰った方が、よっぽど資産形成としてはマシだと思います。

 



ちなみに、

この記事では「福利厚生は会社都合の調整弁」と言っていますが、「ボーナス」も、まさに「調整弁」です。



毎年定められた金額を支払う「年俸制」よりも、

「ボーナスxヵ月分」というのを、その年の会社の業績次第で、会社都合で細かく調整できた方が、会社の経営上、遥かに都合が良いですからね。






うちの会社はボーナスが6カ月もでるから優良企業だ!!と言っていた人たち・・・


2020年はコロナによる業績変化で、思い知ったのではないでしょうか?

ボーナスを当てにするのがいかに危険か、ということを。




ボーナスは、会社都合で幾らでも減ります。

年俸制の会社のほうが、明らかに安心です。






⑥ カフェテリアプラン等の割引制度



続いて、最近流行りの「ベネフィット・ステーション」などの、

カフェテリアプラン型の福利厚生の話です。



社員は一人一人それぞれライフスタイルが違うのだから、

一律に○○手当などを与えるよりも、社員自らが豊富なメニューから選んで使えるほうが、社員にとって良いはずだ!!



と言われれば、もっともらしく聞こえますが・・・


思い出してください。


だったら給料上げろよ!!!笑



なんで給料は上げないで、

「カフェテリアプラン」みたいな、回りくどいことをすると思いますか?




簡単に言ってしまえば、

その方が会社にとってコスト削減が出来るのと、

「うちの会社は福利厚生が良い」という錯覚で、「社員の満足度」を上げることが出来るからです。






特に「ベネフィット・ステーション」に入っているけど、企業側からポイントが付与されない会社が、たまにありますけど、

これなんて悪質な「印象操作」です。




調べれば分かりますけど、「ベネフィット・ステーション」って、会社の負担は社員1人あたり月600円~ですからね。会社側にとっては、めちゃくちゃお手軽です。


あんなの、色々なレジャー施設やレストラン等の割引と言っても、実態は、「割引クーポンでお客さんを呼びたい企業のプロモーション」に乗せられているだけです。


あれが果たして「福利厚生」なのか?というと、私は疑問に思います。

まだ「昼食代補助」とかのほうが、社員にとっては、よっぽど良いです。




「弊社の福利厚生はベネフィット・ステーション」なんて言ってる会社は、そんなことより給料上げてくれよ、と思います。


まあ、それが出来ないから誤魔化しているんでしょうけど。






最後に:



さて、色々言いましたが、


今日ご紹介した
福利厚生 ①~⑥ のほぼ全て、

「給料が高ければその方が嬉しい」
ことばかりです。





はっきり言いますが、

「福利厚生」「会社側の都合」の、

ただの「調整弁」です。





ぶっちゃけ、結論としては、


「福利厚生」って、

働く側にとっては
あまり意味ないです。





会社都合の、

自社を良く見せるためのCMに惑わされず、

きっちり「給料の高い」会社に、
入りましょう。






どうやったら給料上がるかって?


この辺りを読んでみてください。



「安斎響市の転職プロジェクト」

① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略








お相手は、安斎 響市でした。





よく読まれている記事

1

第一章「オッパブと上司の骨折」はこちら第二章「心の中でタイキック」はこちら第三章「忘却のひよこリスペクト」はこちら第四章「あの夏の日の活動記録」はこちら最終章「転職の向こう側」はこちら祝!! 書籍化! ...

2

こんにちは、安斎響市です。過去2か月くらい、本当に色々なことがありました。日経トレンディの「副業特集・新しいお金の稼ぎ方」で、サラリーマン小説家として取り上げられ・・・ 日経トレンディ 2022年 4 ...

3

転職には、「勇気」が要ります。特に、「はじめての転職」には。誰だってそうです。転職が怖くない人なんて、いない。 転職は、あなたの「人生を変える」力を持っています。 それは、良い方向にも、悪い方向にも。 ...

4

こんにちは、安斎響市です。本日は、外資系企業のお話。 私自身は、日系企業を複数経験してから「外資系」へ移ったというキャリアで、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系 ...

5

こんにちは、安斎響市です。本日は、ベンチャー企業、スタートアップ企業のお話。 私自身は、、基本的に大企業での勤務が長く、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系スター ...

6

こんにちは、安斎響市です。今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。 初めての転職で「失敗」しないために。 初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安や迷いも沢山あると思 ...

7

こんにちは、安斎響市です。今日は「キャリアデザイン」に関するお話です。なんだかよく知らないけれど、「キャリアデザイン」みたいな話が様々な場面で言われるようになって久しいです。何せ、私が大学1~2年生の ...

8

こんにちは、安斎響市です。突然ですけど、最近、「会社辞めたい」人、多すぎませんか??私はいつもマシュマロというツールで、ブログ読者の皆様やTwitterフォロワーの皆様からの質問を募集しているのですが ...

9

こんにちは、安斎響市です。日々、マシュマロやTwitterのDMで、色々な質問をいただくのですが、圧倒的に多いのが「入社1年目ですが、辞めたいです・・・」というものです。私は過去に、20代の早期離職に ...

10

こんにちは、安斎響市です。今日の記事は、就職活動・転職活動における「自己分析」について。最近、note購読マガジンでの発信が多くなってきた私ですが、ブログの記事も、たまには書こうと思います。(笑) み ...

11

こんにちは、安斎響市です。今日は、「仕事の悩み」相談に関するお話です。私はもうずいぶん前から、マシュマロというツールで匿名の質問を募集しておりまして、だいたい1日に1問か、たまに2問くらいは回答してい ...

12

こんにちは。安斎 響市です。 転職にしろ、就職活動にしろ、昇進にしろ、現在、誰もが身に付けるべき、最もコスパの良い最強スキルは、そう、英語です。 これは、間違いない。 英語が出来るだけで、人生の幅がめ ...

13

転職活動で、絶対に失敗したくない、あなた。早く転職して、新しい生活を手に入れたい、あなた。 吉報です。 4回の転職を経て、年収450万→年収1,500万までスカーン!と上げた私が、今日は、「転職の必勝 ...

14

こんにちは、安斎響市です。今日は、大学3年なんだけど、やりたいことが何もなくて、就活にまったく身が入らない・・・転職したいけれど、実はやりたい仕事は特になくて・・・という人のためのお話です。最近は、n ...

15

こんにちは。安斎響市です。 「こんな仕事に…一体何の意味があるんだろう?」 そう思ったことはありませんか?私は、あります。 ほとんどの仕事には、あまり「意味」が無い ぶっちゃけ、私の個人的な意見ですが ...

16

こんにちは、安斎響市です。 今日は、大学生の就活ネタです。 私もちょっとびっくりしたんですが、今どきの就活って、「就活エージェント」なるものを使ってる人が結構な割合でいるんですね。  typ ...

17

こんにちは。安斎響市です。転職は、ひとつの試練です。今までいた環境を捨てて、次のステージへ旅立つとき、様々な障害が、自分の前に立ちはだかります。あらゆることが、「今まで通り」というわけには、いかないか ...

18

在宅勤務、リモートワーク、WFH(ワーク・フロム・ホーム)。色々な呼び方がありますが、皆様、どのような在宅ライフをお過ごしでしょうか? 今日は、外資IT勤務、フルリモートで自宅で仕事をすること半年を超 ...

19

こんにちは。安斎 響市です。 私は、趣味:転職みたいな人間です。はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探して ...

20

こんにちは、安斎響市です。久々に、真面目な記事を書こうと思います。「20代の転職」についてです。 実は以前にも、「新卒1年目の転職が失敗する理由」というタイトルで記事を書いたのですが、 新卒1年目の転 ...

21

こんにちは。安斎響市です。今日は「英語」のお話です。自分にとって「英語」は、本当に人生の「ターニングポイント」だったなぁ・・・と今でも思います。私は現在34歳ですが、2年前に転職した某大手外資IT企業 ...

22

こんにちは。安斎響市です。 今日は、心理学、というか哲学のお話。日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で有名になった、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」、いわゆる「アドラー心理学」の考え方に ...

23

こんにちは、安斎響市です。今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。この悩みの「正体」って何 ...

24

こんにちは、安斎響市です。今日は、ちょっと大事な話をします。 世の中には、お金よりも、時間よりも、「たいせつなもの」がある、 というお話です。 お金より、時間より、たいせつなもの。 何だと思いますか? ...

25

こんにちは、安斎 響市です。昨日、こんなツイートをしました。 就職活動・転職活動で【絶対に】やってはいけないこと・新卒で外資に入社・新卒2年以内に転職・次が決まる前に退職・上司や同僚に相談する・年収が ...

-働き方

Copyright© 転職デビルは夜しか眠れない。 , 2022 All Rights Reserved.