転職とキャリア 雑記

「新卒採用」と「中途採用」の違い




こんにちは、安斎響市です。


今日は、「新卒採用」「中途採用」の違いに関するお話。




大学3~4年生が「いっーせーのー」で同じタイミングで内定を奪い合う新卒の就職活動と、

数年~十数年働いて経験値を積んだ人が自分自身のタイミングで前に踏み出す中途の転職活動って、

一体何が違うのか?という話です。




なぜなら・・・
ほとんどの人が「新卒の就活」の延長線上で「転職活動」というものを考えているから。




この考え方では、失敗します。確実に。





新卒採用は「スペック」で決まる。中途採用は・・・



先日、こんな質問をいただきました。




この方は大学生で、社会人として働いた経験の無い方だと思いますので、

「新卒で入った1社目が大企業じゃないと、外資に転職は難しい?」

「TOEIC800点とか営業成績とか、明確なスペックや経歴があれば、転職できる?」

と考えてしまうのも、まあ、仕方がないと思います。



たぶん、

新卒の就活と、中途の転職活動との

「明確な違い」
理解できていないのでしょう。


と言っても、

ほとんどの社会人がこの事実をきちんと理解していないので、大学生で理解できていないのは、当然と言えば当然だと思います。








とりあえず、TOEICの点数がどうとかは横に置いておいて、そもそもの「新卒採用」と「中途採用」の話です。



はっきり言いますが、新卒採用は、ほぼ「スペック」で決まります

学校名、学部名、偏差値、資格、TOEIC、海外留学経験(海外の大学名)・・・



いわゆる「スペック」


もう少し言うと「カタログスペック」

つまり、「履歴書」に書ける「書類上のスペック」で勝敗の9割くらいが決まります。



残酷ですが、これが事実です。





当たり前ですね。

全員大学生ですから。仕事をしたことのない人たちを、「仕事」で評価することはできません。




この前まで焼き肉屋でアルバイトしてたような20歳そこそこの大学生が、数か月後に「即戦力」なわけがありません。

全員がポテンシャル採用



みんな「どんぐりの背比べ」で、なかなか差別化要素が無い以上は、学歴(大学名)や、資格などの「スペック」を一番見られます。

色んな人が綺麗ごとを言ってますが、実際には、これが事実です。





もし、学歴やスペックが関係ないのなら、大企業の新卒社員はあんなに高学歴で海外留学経験者だらけにはなりませんよ。





新卒の就職活動において、大した学歴なしで、この「カタログスペック」を上げる方法については、こちらに詳しく書いています。


学生向け:【22卒/23卒 就活】学歴なしでも「大企業」の内定を得るために、今できること






一方で、中途採用で「内定を得る」基準は、明らかに違います。


簡単に言うと、中途採用では「スペック」ではなく「ニーズ」で内定可否が決まります。




中途採用は、「ニーズ」を満たせるかどうかで決まる



「スペック」ではなく「ニーズ」とは、どういうことか?



これはつまり、「営業成績」とか「難関資格」とか「英語」みたいな、恐らくどこの企業でも欲しがっていそうな、いわゆる「立派な経歴」を持っているかどうかは、必ずしも内定には関係が無く、

「企業が本当に欲しがっているもの」ひとつだけ持っていれば、低学歴だろうが、何ひとつ資格が無かろうが平気で内定は出る、ということです。


逆に言うと、中途採用では、どんなに優秀な人でも「このポジションには合わない」という理由だけであっさり落ちます。




新卒採用では「優秀な学生」を求めていますが、

中途採用では「優秀な社会人」を求めているわけではありません。




ここが最大のポイントです。




「優秀かどうか」が基準ではないのです。




例えばの話・・・

私は、偏差値50程度の地方国立大の学部卒。お世辞にも「高学歴」とは言えません

前職の会社は、社員数50人以下の外資系零細企業。ほぼベンチャー企業に近いです。



それでも、現職の外資系IT企業には32歳の時「部長職」で雇われました。

周りを見る限り、30代前半の「部長」は私以外には一人もおらず、ある程度、他の人たちより高く評価されて入社したものだと思っています。




一方で・・・
最近、近い部署で私と似たポジションの面接を受けに来た方は・・・

30代後半、東大の大学院卒。海外でMBAも取得済み。

有名コンサル企業に15年以上勤め、現在はプリンシパル(次長)という肩書き。


にも関わらず、この方は、数人の面接官の満場一致で「不合格」



「うちの会社には必要ない」と評価されたのです。





どう考えても「スペック」だけなら、私の100倍優秀な方が、面接であっさり落ちているのです。





なぜなら、この方は「会社が求めるものを持っていなかった」から。


面接官たちが口を揃えて言っていたのも、

「彼が優秀なのは分かる。でも、このポジションで採用はできない」

という話でした。





中途採用とは「特定のポジション」ありきなので、

優秀な経歴や実績を持っているかどうかは(評価対象の一つではあるものの)、最重要事項ではないのです。




大事なのは、マッチングです。

この「特定のポジション」に合うかどうかです。





こういう話は、そこら中にあります。





一見、高学歴有名企業出身者が面接であっさり不採用になったり、

ショボい大学でショボい企業出身でも「ある特別なスキル」を持っていたために採用が決まったり、

ということは、中途採用ではよくあります。





もちろん、大企業出身者の方が比較的有利な場合が多いとか、

有名な大学を出ていた方が評価されやすいとか、

そういう「全体の傾向」はあるかもしれませんが、




新卒だと、ほぼ「スペック」だけで採用が決まるのとは非常に対照的に、

中途採用では、「スペック」は評価基準のほんの一部でしかなく、その企業それぞれの「ニーズ」が大部分を決める、ということは、

きちんと把握しておかないといけません。





「ニーズ」を満たせる人材になる為には?



逆に言うと、「転職にはチャンスがある」のです。


私が初めての転職で入った2社目の会社は、日系の超大手有名企業で、日本のトップブランド20に選出されるような会社です。

私の学歴と、私の頭の出来では、とても新卒では入れません。




現職の外資大手IT企業も、新卒で入ってくる人たちは、東大京大早慶上智、もしくはハーバード、MITの大学院卒みたいな超エリートばかりで、私のような田舎の地方大学でママチャリ漕いで安いスーパーで発泡酒買ってた奴からすると本来「雲の上の人たち」みたいな感じなんだけど、

今では、普通にただの同僚です。(というか、同じくらいの年齢でも私の方がずっと役職は上です)



新卒では到底入れないような難関企業でも、中途ならあっさり入れるのです。




これって全然珍しい話じゃなくて、やはり「新卒では入れないレベル」の有名企業や優良企業に、「中途だったから入れた」って人は実は沢山います。




「相手の企業が欲しがっているもの」をきちんと見極めて、それを上手くアピールしたからだと思います。





このように「ニーズを満たす」ためにはどうすればいいのか?

そもそも「ニーズ」って何?


どうしたら、自分にもそれができるの?






簡単に言えば、
「ニーズを満たす」とは、相手(人事担当や面接官)を魅了する「ストーリー」を描くことです。




「この人なら活躍してくれそう」

「うちの会社のこのポジションにぴったりだ」


という期待を抱かせる、「雇いたい」と思わせる強いストーリーを上手に語ることです。




もちろん、「相手が欲しいもの」を自分がたまたま持っているとは限りません。

重要なのは「見せ方」「自分の売り方」です。



これは、
自分が持っているものを、
相手が欲しいものに変える力



言い換えると、
自分の持っている素材を、
相手に合わせて変える力
です。



その詳細まで知りたければ、下記の記事を読んでください。


「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略




この記事の中で丁寧に説明するには、あまりにも長すぎる内容なので、ここで中途半端に語るより、上記の記事を読んでいただいたほうが早いと思います。




もちろん、「楽チンな道」ではありませんが、実は、それほど難しいことでもありません。

やり方さえ分かっていれば、あとは「やるだけ」と言ってもいいです。



本気でやるかどうかは、あなた次第です。









ちなみに、就職活動や転職活動の基本的な考え方については、他の記事にも書いていますので、こちらもご参考ください。



【20代 必読】はじめての転職活動の基本:7カ条



学生向け:【就活】学歴なしでも「大企業」の内定を得るために、今できること







以上、色々と書きましたが、「キャリアは自分次第」です。


自分自身の頭で考えて、自分の望むキャリアを手に入れてください。







皆様の、幸せなキャリアを、心から応援しています。



お相手は、安斎 響市でした。






「安斎響市の転職プロジェクト」
① 運命を引き寄せる「職務経歴書」の書き方 & 応募企業の選び方
② 相手を一撃で惚れさせる、圧倒的「面接」テクニック
③ 年収を爆発させる「給与交渉」と「退職」の出口戦略



よく読まれている記事

1

第一章「オッパブと上司の骨折」はこちら第二章「心の中でタイキック」はこちら第三章「忘却のひよこリスペクト」はこちら第四章「あの夏の日の活動記録」はこちら最終章「転職の向こう側」はこちら祝!! 書籍化! ...

2

こんにちは、安斎響市です。過去2か月くらい、本当に色々なことがありました。日経トレンディの「副業特集・新しいお金の稼ぎ方」で、サラリーマン小説家として取り上げられ・・・ 日経トレンディ 2022年 4 ...

3

転職には、「勇気」が要ります。特に、「はじめての転職」には。誰だってそうです。転職が怖くない人なんて、いない。 転職は、あなたの「人生を変える」力を持っています。 それは、良い方向にも、悪い方向にも。 ...

4

こんにちは、安斎響市です。本日は、外資系企業のお話。 私自身は、日系企業を複数経験してから「外資系」へ移ったというキャリアで、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系 ...

5

こんにちは、安斎響市です。本日は、ベンチャー企業、スタートアップ企業のお話。 私自身は、、基本的に大企業での勤務が長く、新卒から、 日系大企業 5年↓日系大企業 1年↓日系中小企業 1年↓外資系スター ...

6

こんにちは、安斎響市です。今日は転職活動の「はじめかた」のお話です。 初めての転職で「失敗」しないために。 初めて転職活動をする人にとっては、あまりにも分からないことだらけで、不安や迷いも沢山あると思 ...

7

こんにちは、安斎響市です。今日は「キャリアデザイン」に関するお話です。なんだかよく知らないけれど、「キャリアデザイン」みたいな話が様々な場面で言われるようになって久しいです。何せ、私が大学1~2年生の ...

8

こんにちは、安斎響市です。突然ですけど、最近、「会社辞めたい」人、多すぎませんか??私はいつもマシュマロというツールで、ブログ読者の皆様やTwitterフォロワーの皆様からの質問を募集しているのですが ...

9

こんにちは、安斎響市です。日々、マシュマロやTwitterのDMで、色々な質問をいただくのですが、圧倒的に多いのが「入社1年目ですが、辞めたいです・・・」というものです。私は過去に、20代の早期離職に ...

10

こんにちは、安斎響市です。今日の記事は、就職活動・転職活動における「自己分析」について。最近、note購読マガジンでの発信が多くなってきた私ですが、ブログの記事も、たまには書こうと思います。(笑) み ...

11

こんにちは、安斎響市です。今日は、「仕事の悩み」相談に関するお話です。私はもうずいぶん前から、マシュマロというツールで匿名の質問を募集しておりまして、だいたい1日に1問か、たまに2問くらいは回答してい ...

12

こんにちは。安斎 響市です。 転職にしろ、就職活動にしろ、昇進にしろ、現在、誰もが身に付けるべき、最もコスパの良い最強スキルは、そう、英語です。 これは、間違いない。 英語が出来るだけで、人生の幅がめ ...

13

転職活動で、絶対に失敗したくない、あなた。早く転職して、新しい生活を手に入れたい、あなた。 吉報です。 4回の転職を経て、年収450万→年収1,500万までスカーン!と上げた私が、今日は、「転職の必勝 ...

14

こんにちは、安斎響市です。今日は、大学3年なんだけど、やりたいことが何もなくて、就活にまったく身が入らない・・・転職したいけれど、実はやりたい仕事は特になくて・・・という人のためのお話です。最近は、n ...

15

こんにちは。安斎響市です。 「こんな仕事に…一体何の意味があるんだろう?」 そう思ったことはありませんか?私は、あります。 ほとんどの仕事には、あまり「意味」が無い ぶっちゃけ、私の個人的な意見ですが ...

16

こんにちは、安斎響市です。 今日は、大学生の就活ネタです。 私もちょっとびっくりしたんですが、今どきの就活って、「就活エージェント」なるものを使ってる人が結構な割合でいるんですね。  typ ...

17

こんにちは。安斎響市です。転職は、ひとつの試練です。今までいた環境を捨てて、次のステージへ旅立つとき、様々な障害が、自分の前に立ちはだかります。あらゆることが、「今まで通り」というわけには、いかないか ...

18

在宅勤務、リモートワーク、WFH(ワーク・フロム・ホーム)。色々な呼び方がありますが、皆様、どのような在宅ライフをお過ごしでしょうか? 今日は、外資IT勤務、フルリモートで自宅で仕事をすること半年を超 ...

19

こんにちは。安斎 響市です。 私は、趣味:転職みたいな人間です。はい、変人です。転職活動が、楽しくて仕方がないんですよね。だから、別に今の会社に特に大きな不満が無くても、いつも「次のステージ」を探して ...

20

こんにちは、安斎響市です。久々に、真面目な記事を書こうと思います。「20代の転職」についてです。 実は以前にも、「新卒1年目の転職が失敗する理由」というタイトルで記事を書いたのですが、 新卒1年目の転 ...

21

こんにちは。安斎響市です。今日は「英語」のお話です。自分にとって「英語」は、本当に人生の「ターニングポイント」だったなぁ・・・と今でも思います。私は現在34歳ですが、2年前に転職した某大手外資IT企業 ...

22

こんにちは。安斎響市です。 今日は、心理学、というか哲学のお話。日本ではベストセラー『嫌われる勇気』で有名になった、アルフレッド・アドラーが創始した「個人心理学」、いわゆる「アドラー心理学」の考え方に ...

23

こんにちは、安斎響市です。今日は、ズバリ、仕事の「面白さ」、「やりがい」に関するお話です。「仕事がつまらない」「モチベーションが上がらない」という悩みを持つ方は多いと思います。この悩みの「正体」って何 ...

24

こんにちは、安斎響市です。今日は、ちょっと大事な話をします。 世の中には、お金よりも、時間よりも、「たいせつなもの」がある、 というお話です。 お金より、時間より、たいせつなもの。 何だと思いますか? ...

25

こんにちは、安斎 響市です。昨日、こんなツイートをしました。 就職活動・転職活動で【絶対に】やってはいけないこと・新卒で外資に入社・新卒2年以内に転職・次が決まる前に退職・上司や同僚に相談する・年収が ...

-転職とキャリア, 雑記

Copyright© 転職デビルは夜しか眠れない。 , 2022 All Rights Reserved.